FC2ブログ

Welcome to my blog

STRAWBERRY MOON

Article page

話はそこから始まる 1





大学に通い始めて半年

通勤通学に1時間くらいかかるなんて都会ではザラである。が
俺も毎日1時間半かけて電車に揺られて通学している。


隣で大学ノートを広げ、何やら小難しいこと書いてるのがシム・チャンミン

同じ大学に通う俺の幼馴染
毎朝一緒に通学している。


ずっと胸に秘め計画していたことを実行してみようと決心した。

コレは一種の賭けだけど、このままあと3年半大学に通い卒業したら、就職と共にチャンミンとの関係も今までのようにはいかない。

ならば…あと3年半、チャンミンの1番近くにいて、自分の気持ちが昇華されればいい。

どうせ叶わぬ恋ならば、思い出だけでも…と
好きだという想いは伝える気はない。

幼馴染のポジションは、手放したくはないし
…多分、自分でもどうしたらいいのか分からないっていうのが本音だ。

ただ一過性の独占欲みたいなものなのか
側にいすぎて…触れあいたい、俺を見て欲しい……



っとぁったたた、ダメだ。


有名大作家、夏目なんちゃら先生風に自己紹介したいけど無理っ。


俺、チョン・ユンホ。大学1年


とにかく、チャンミンが好き

同棲してみよっかなぁと思ってる
…って、付き合ってないけど



でも、俺は知っている

チャンミンは俺の誘いを大抵断らないってこと



「なぁ。チャンミン。一緒に住まねぇ?」

「そうですねぇ。まぁ。いいとこあれば。」


ほらな?
案外あっさりOKだ。

「こうやって一緒に電車で通うってのも悪くないけど、バイトが終わると終電近くで結構辛いだろ?」なんて余計なことも言わなくていい。


「今日講義終わったら、不動産屋に行ってみるな。」

「僕、バイトなので任せます。」


ノートから目も離さずにつれない返事だけど、元からこういう奴だから気にしない。

嫌なら嫌って言うし、了解したってことは良いってことだ。
何かに集中し始めたら、周りの音なんか聞こえなくなるタイプ

だけど、俺の問いかけには、結構な割合で返事をしてくる。


スゲェだろ。俺。




了解とったし、不動産屋!と講義が終わると大学の最寄り駅前にある不動産へ急ぐ。



近代的…とは、正反対のちょっと古めかしい商店街を抜けていくと、イチョウの木が等間隔に並ぶロータリー

その辺りに数件立ち並ぶ不動産屋に目星をつけてた。



候補だけでも決めようっと



不動産屋の窓に貼られている物件の間取りを眺めながら数件渡り歩く。

そうだなぁ。2DKが予算的には合うけど
出来れば2LDKが良いよな。
せめて少し広めのダイニングキッチン


共有スペースにテレビとソファくらい置きてぇし

キッチンは…絶対広めが良いよな。うん。
それじゃなきゃ。共同生活断られそうだ。



おっ。コレなんて良いんじゃん?
大学からは近いし
5万ずつ出せば、光熱費まで賄えんな

チャンミンのバイト先もそれ程遠くねぇし
俺のバイト先も

バイトもラストまで入れれば時給上がるし
まぁ。妥当だろ?




「すいません。あの物件なんですけど。」

店に入って聞いてみたら『ルームシェアOK』の物件を何件か紹介くれるって、愛想のいいおじちゃんが電話したり紙めくったりしてる

冷たいお茶を持ってきてくれたおばちゃんが「良いわね〜。学生さん。彼女と住むのかしら?」なんて

「違うんですよ。幼馴染み。残念ながら男同士です。」

って言ったものの…残念、ではない。
ずっと大好きだったチャンミンと夢のような同棲




俺が小3の時にチャンミンと同じクラスに転入してそれ以来だから何年だ?
とにかく転入して初めて出来た友達がチャンミンだった。

それからの腐れ縁


だから俺は、チャンミンのことだったら、なんだって知ってる。

初恋も初カノも…その他もろもろも
その話は凹むからやめよう。うん。やめよう。


で、俺は…というと、まぁ、それなりに彼女もいたし、まぁ…それなり。だな。

いつも続かないからもう諦めた。


どうしたってチャンミンと比べちまうし


まず、笑顔だろ?
気が効くだろう?
綺麗好きだし…

頭の回転いいから、話が面白いだろ?

そのくせ照れ屋だし
照れると口悪くなるけど

そこがまた可愛いっつうか


そうやって指折り数えているうちに、不動産屋のおじちゃんが物件の紙を数枚印刷してきてくれた。


「今の時期すぐには埋まらないから、ゆっくり相談して見たい物件あったらココに電話してな?
まぁ、ちょっとだが家賃の交渉もしてやるから。」

通ってる大学名書いたら、『俺の後輩だぜ。かぁちゃん』って、さっきお茶出してくれたおばちゃんに話してる。

なんか良い不動産屋に当たったみたいだ。
チャンミンに相談してさっさと決めよう。




店を出てすぐにチャンミンにLINEを送る

‘いい物件あったぞ!いつ見に行ける?’

バイト中だろうなと思ったらすぐに既読になって

‘そういう事だけは早いですね’

そういうことだけって何だよ。だけって!

‘明日3限目休講ですよ?いきます?’

明日!よっしゃ!明日な!

‘おう!また、朝、電車でな!そん時見せる’

‘了解’


ほらな?そっけない風で毒舌のくせに、きっちり俺に合わせてくる。

こんなとこも心地いいんだ。




きっと楽しい同棲(共同)生活が始まる
俺はそう思っていた。







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
みなさん(о´∀`о)ポチッと&拍手ありがとう♡
始まりました(・Д・)よ←ダイジョブかw
はい。みなさんのユノさんに似たこちらのユノさんに…
ずっと脳内で惚気られてる僕猫です( ̄(工) ̄)

え?だから、みんなの愛するユノさんに似たこちらのお話の大学生ユノさんに…「俺のチャンミンはねぇ♡」ってずっと←ぷっ

文字化が上手くいきませんが←致命的w
なるべく頑張りますのでお付き合いください。

今日も暑そうです!熱中症などお気をつけくださいね。
今日も読んでくれてありがとう♡
関連記事
スポンサーサイト

Category - 話はそこから始まる

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/07/22 (Sat) 16:57 | REPLY |   

僕猫  

僕兎さんへ

え!(・Д・)僕猫と同類っすか?
それは…変態道まっしぐらっすね?
ふぇぇぇ←ぷっ

ニヤリ( ̄(工) ̄)ダイジョブ 人ハ皆 変態←コラ!
変わり者=褒め言葉←へw

えっと、タイトル名ね。
うぅんと、シンプルにポンって出てこないの。
文章なのよね←熟語苦手か?w
まぁ、こちらは軽いテイストじゃないかなぁ?
ユノ君、メッチャお喋りだし…ずっと喋ってる←かいつまんで提供中

文字化頑張ります!コメも拍手コメも、めっちゃサンクス♡
力になりまする♡

2017/07/22 (Sat) 20:37 | REPLY |   

Post a comment