FC2ブログ

Welcome to my blog

STRAWBERRY MOON

Article page

リア彼 7

Category - リア彼
あ、みんなの予想は当たるかな?


そして僕猫脳内サイクル
ほんわか泣ける話→ぎょえっとなる話→ほんわか→なぬ!→ほんわか…


そんな感じじゃない?w


というわけで、どうぞ←え!



⬇︎





2018070913191858e.jpeg










「チャンミン、」





そう背後から耳元で名を呼ばれドキっとする







家路を急ぐ人が流れる改札口


汽笛や発車を知らせる風

人の足音と開閉するたびになる電子音と
終電を知らせるアナウンスが流れる灰色の世界




そんな空気がその主の出現で一変する







僕の心に吹き込む風が
嬉しさと戸惑いが交互に流れるように



構内からくるヌメッとした空気と
外から入ってくる少し冷たい風が髪を揺らす




僕にそんなに近付いて来ないで



あなたはきっと僕に幻滅する














今日は接待で終電近く


酔いの回った回らない頭をもたげ
声の方へと顔を向けた





「あれ…、」


「俺も社の飲みでさっき解散したとこ。」



「終電…、」


「おまえんとこ、泊めてくれない?」




着崩れたスーツに火照った頬

そんなんでいい匂いのする袋振りながら
甘えたように小首傾げる







「…それで、今どこだ?ってメールしてきてたんですね。」




「知能的になったろ?」





って…、
昨日散々「頭使って!」ってけなしたこと、根に持ってんのか?

何度言っても目の前の敵に突っ込むばかりで
少しは引いたりタイミングを見ろってことだったんだけど…







「それともあの公園で野宿かな…」


「…それって脅迫、です?」




「泊めてくれたらパトラッシュの散歩もしてやるし、ってコレ交渉な?」







外連味なくニコニコと、
この人の友だちとの距離感ってのが分かる気がする


なにも深く考えず
招いて招かれてが普通の友だち関係


僕も昔はそうだった…








「なぁ、良いだろ?」





ゲーム内チャットだけじゃ飽き足らず

個別で連絡がとれる連動SNSやLINEまでこの人に晒しちゃったのが間違いなのか、

しょっちゅうくる連絡に慣れ過ぎたのか




今どこ?と聞かれ、帰りの電車。と
あっさり返事しちゃうなんて



早くゲームがしたいのかと、
そう思って返したメールの結果が、コレ






「明日、休みだろ?
一緒にゲームしてもいいし、たまにはどっかに、どう?」



「って、ユノさん着替えは?」



「そりゃぁ、おまえの貸してよ。な?」





…押しの強さは営業仕込みか

僕の腕を掴み、
…もう歩き出しちゃってるし、







「…マズかった?家の人に連絡とか…」


「そんなこと思ってないでしょ?
いいですよ。うちは放任なんで、」




「…怒ってる?」



「呆れてるだけです。一言メールで断りくらい入れてくださいよ。」







…心の準備ってもんがあるのに
ガッと入り込んで来て、ふっと引っ張られる


その度に旧友の歪んだ顔が脳裏をよぎる僕を
あなたは知らないから






そして僕の領域にズカズカと入ってくる


それがこの人の良いところで
酷いところ、




僕が嫌な話題をまた、

この人も相当呑んでそうだけど…
シツコイ、




「今度また飲み会があるんだけど、おまえも来いって、な?」



「お断りしますって何度も言ってるでしょ?
人に気を遣って呑んでも美味しくないんで、」





何度も誘われる合コン的飲み会

僕の好みとその飲みの場が合うはずがない
だから断ってんのに、





「絶対モテるのに、」

「恋人は作らないって言ってるでしょ?」





シツコイくらいの押しに
この話題だけはゲンナリとする





「…なぁ、おまえのタイプってどんな子?
そういう子探してもらっても良いし。」





って、
僕の本心言ったらこの人どんな顔するんだろ





やっぱ、あいつみたいに
気持ち悪いって言って去っていくのかな、









「…チャンミナ?」







街灯がポツン、ポツンと
雪玉みたいな光が照らす人通りが少ない路地


黙り込む僕の名をあなたは呼ぶけれど



泊めてあげたい気持ちとは裏腹に…





「…警戒心、なさ過ぎでしょ。本当、」


「なに?」



「僕はね…
ユノさんみたいな人がタイプなんですけど。」





「ぉ、おれ?!」



「声デカイ…」






仰け反るほどびっくりしてるくせに
僕を掴んでる手は離れない


そんなのに期待しちゃうなんて
バカだな。僕、






「一回シてみます?」




深入りする前の予防線

あなたに惹かれ過ぎる前に
後戻りできなくなる前に



酔いに任せて、流れに任せて
ここで決着ってのも悪くないかな?と



1日中汗にまみれたヨレたスーツ姿で
こんな誘い方、

相手はコッチ側じゃないってのに
ノンケは懲り懲りって思ってたはずなのに、








「……、ちょっと、待って、な?」



「なにをです?」







考えるほどのもんか?


立ち止まり僕を凝視するから、
僕も、








「おまえって、その…どっち、かな、と。」






やっと口を開けばそんなこと

どう聞いたらいいか考えてた?





「男を抱いてみたくないです?
って、…勃たないか。僕じゃ…」



「んなことない。とは、思うけど…」





って、マジで悩んでんの?

即、キモイ。とか、言われるんじゃないかって思ってたのに…





「アッチ、
少し歩けば、ホテル、あるけど行きます?」


「ちょっと、待って、」





離れる掌



やっぱ無理だって



そう言われるって、思ったのに






「俺、持ち合わせてがないかも、
さっき大見栄切って出し過ぎたな…」



はっ、

なんで財布とか覗いちゃってんの?






「抱けるって言うんなら、僕出しますけど
……、行きます?」






淡い恋が愛に変わる前に
深入りする前に…




一夜の戯れ、と






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
今日も読んでくれてありがと!…ふふ、音が終わったらダダ落ちなの。なんかアレに似てる!基礎体温的なグラフ!←コラ!
あぁ、わたしもオフ会行きたかったなー←こども行事で溶けてる最中w
関連記事
スポンサーサイト

Category - リア彼

5 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/15 (Sun) 14:30 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/15 (Sun) 15:18 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/15 (Sun) 16:40 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/16 (Mon) 10:13 | REPLY |   

ramchy  

まさかそーゆー感じでそーゆーコトに進んでいくとは…。続きが気になる。

2018/07/17 (Tue) 18:35 | REPLY |   

Post a comment