FC2ブログ

Welcome to my blog

STRAWBERRY MOON

Article page

音 71

Category - 
長い長いな「音」

あぁ、ってなるかな?みんな頑張って〜←え!


20180409135812a1c.jpeg








やけに多いとは思ってた。




ユノの外回りの仕事は、調律やお得意先への営業が主


なのに、
今までにないってくらい忙しげで

そっちまでは踏み込めてない僕だったから、
そんなもんなのかな?と






特に午前中

僕との共有アプリの予定表
ユノの外回りマークが増え、僕は店番


それも前までは、
どこに行くのかっていうのも詳しく入れてくれていたのに今はない。



忙しそうにしてるし、ふたりきりの時は会話どこじゃなくなるから理由も聞けずに


どこかで訝しがりながら、
それでも僕に嘘を吐いたり、隠し事をするなんて思ってもいなかったから…、



…僕が、ユノを信じすぎた。














「あのさ、大学でユノヒョン見かけたんだけど…ドンへヒョンと、」




そう言ってきたのはキュヒョナで、
あり得ない。そんなとこにユノなんて…と



美大とユノ
全く関わり合いがない。…仕事上では、




「専攻違うから、俺もよく知らないんだけど
ちょいちょい噂に上ってたのがユノヒョンってわけじゃねぇだろうけど…」






と、


…まさかの浮気?


いやいや、それはないよな。

僕を受け入れるユノは
日に日に艶増し僕を見る目にはすぐに熱が灯る

それは僕にだけ見せるユノ、と…






「噂ってなんですか?」


「…言いにくいんだけど、さ、
ってか、おまえ、自分で本人に聞けよ。
人の噂話とかに乗っかんの俺嫌いだし、」




「…、言いだしたのはそっちなのに、」


「俺はユノヒョン見かけたって言おうと思ってただけ。おまえなんも聞いてねぇの?」


「…全然、」




「なら尚更だな。余計な曖昧な情報はねぇ方が良いよな…、うん、
あとは本人に自分で聞け、…って、俺マズい言い方しちゃって悪かったけど、」





…本当だよ。
気になって仕方ないじゃねっすか!





でもキュヒョナがあぁ言うってことは
僕が最高に機嫌が悪くなる噂話を聞いたってことは予想がつくわけで…、



揺さぶって聞きたかったけど
キュヒョナは言わないって言ったら教えてくれない頑固者だって知ってるから




…噂ってなんだよ
ドンへさんがなに?


なんで美大になんかに…、ユノが?
僕に内緒で何を…



悶々とする気持ちを抱えてユノをリビングまで迎えに行けばいつもの如くドンへさんとべったりで

頭に血がのぼるのが自分でもわかる。



…ドンへさんが関わってるって
会話の端に垣間見えたヒントが…、

怒りのターゲットとしてロックオンする。




そんな自分を落ち着かせるように大きく息を吐き、一度目を閉じ心に唱える。


落ち着け、落ち着けって




それでも
不安は怒りと背中合わせで
怒りは冷たさと背中合わせ


何も言わず引き剥がして、
理由も問わず殴り飛ばしたい



そんな激昂に似た感覚を自分の中に押さえつける。





僕の本質は、コレなんだ。

怖いくらいに湧き上がる負の感情は
すぐ周りに牙を剥けたがる。

それをぐっと隠し見せないのは、タガを外したら止まれなくなる自分の闘争本能を知ってるから




僕は誰よりもきっと冷酷冷淡に人を切れる


そうわかってるからこそ、
そうならないように、って…自分をコントロールしてきた。




その蓋を開くのが、愛だなんて…、






「…ユノ、終わりましたから部屋行きましょ?」



と、いつものように言ったつもりなのに
ユノの瞳には不安な感情が揺れ動く

揺れ、瞬き見上げてくる瞳が
僕を見つめるその瞳が


…僕の狂気の檻の鍵を開いていく





「…なんです?僕の方が邪魔でした?」


「何言って…、」



「楽しんでるところすいませんでした。
僕は終わりましたので、お楽しみが終わったら部屋に来てください。じゃ、」



「おい!チャンミナ、
何ユノに八つ当たりみたいなことしてんだよ。
そんなに課題大変なの?」





僕とユノの間に割って入って正論かざし正義ぶってるドンへさんが気にいらない。

ふたりの問題に入ってくんなよ。と、



怒りの矛先が自分に向いてんの
分からない?




おまえは関係ないだろ!
僕の知らないユノをおまえが独占すんなよ!



…って、のが僕の怒りの根っこ



んなこと、僕の我儘だって知ってたって
分かってたって、関係ない









「…八つ当たり?なんかしてませんけど、」


「終わったんなら、俺行くし、
あ、ドンへ、またなんか変更あったらカトクして?」



「カトク?」






ユノの交友関係にどうこう言うつもりは…


なんていうのは、僕が自分を綺麗に見せたい綺麗ごとで


なんなら、携帯チェックしてメール内容チェックまでしたい

自分の監督下においときたい。




ユノのことは全部知って僕に縛り付けておきたいくらい心配で

誰かに取られやしないかと不安で。




…いっくら同じ歳だからって
近すぎる。


年下の僕には入り込めない話題だって面白くない、


たかが3歳差、されど3歳差












「あぁ、ちょっと、ドンへの手伝いつうか
俺が手伝って貰ってるっつうかで…、な?」





その「な?」っていうのが僕じゃなく
ドンへさんへの同意を求める行為で

それが僕を排除するような言葉に聞こえて
沸々と、ドロドロ、っと…






「あっそうですか。
どうぞふたりで仲良く話し合いしててください。僕は風呂にでも入ってきます。」


「チャンミンっ!」




ユノが追いかけてくる声に




「なんだ、痴話喧嘩か?」



なんて笑いが含んだようなヒチョリヒョンの声が重なり



それすら、

…どうしてだか自分でも分かんないってくらいに頭にくる



イライラが増して増して
…絶対、無理


絶対、ユノに怒鳴りつけてしまいそうで






「チャンミン、なんなんだよ。
なんかあったのか?いきなりそんな、」


「僕の質問にはっきりと答えてください。」



「…な、んだよ…、」




目が泳ぐユノに益々…




「僕に隠し事してるでしょ?なんなの?」



「なに、って…」




言い澱み、口を閉ざし

そんなあなたにわけも聞かず感情のみをぶつける




「言えないんなら帰ってください。
そんだけです。」


「んな言い方チャンミンらしくねぇだろ?
ちょっと待って、話すから…」



「…話すってことは、
やっぱ、僕に内緒事してたんっすね。」




ハッと、息飲むユノが気に入らなくて









「べつに、ちょっと俺が絵のモデルのバイト頼んだだけだって、」


そう言って
ユノを庇うドンへさんが気に入らなくて









「はぁ?バイト?
自分の仕事ほっぽりだして、バイト?
何様なんすか?あんた。店長でしょ?」





しかも、絵のモデルとかあり得ない。
どんな絵を描かせてんだよ!と、


…キュヒョナが聞いた噂って…と、


勝手に悪い方へ悪い方へと考えてしまって





「…店長がそんなんだから、あんななんですよ。」


「あんなってなんだよ!」



「昔っから変わらずの寂れちゃうような店ってことですよ。」








…、僕は真剣に
本気でユノの店をどうにかしたいって

勝手に経営計画とか
勝手に未来まで思い描いてたから


許せなくて



店ほっぽって、ドンへさんの手伝いとか
あり得ない。


僕に黙ってとか


絶対、あり得ない!




…、と、










「ユノを軽蔑します。
僕、明日から店行きませんから、」





「…俺も願い下げだね…
おまえ、もう店に二度と来なくていいから、」






ユノがなんで怒ったか分かってても引けない。


ユノにとって、店イコールお父さんで
そんな感情から、店を貶されたって思って怒ってるって分かったって…



その店放ってたユノが悪いんだ。
そんな大切なら、そっち大事にしろよって





「分かりました。
…じゃあ、せいぜい頑張ってください。」



「言われなくたってそうする。」





どっかで、
僕あってこその店だって

僕がいなきゃ、ユノは…、だなんて



僕がいなくても、在り続けてきたユノを
僕がいなかった時のユノを軽く見て…



ユノの強さを
僕の方が助けられてたってことを忘れて




口から出てしまったものを引っ込められず
足早に部屋へと戻る





ドアを閉め
憤りをコントロール出来ずに思わず叫ぶ、

腹の底が煮えたぎるのは
大切過ぎるユノだから、で……、






窓の外から聞こえてくるエンジンをかける音
かかりが悪いから何度も回すのは

ユノの軽トラの…、



空回りする音







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
今日も読んでくださってありがとうございます!
ん〜?どうしたぁ?僕猫のエアハグ欲しい?
大丈夫だよ。ぎゅぅううう!
頑張ってるね。いっぱいいっぱい色々あるね。

さて、みなさんの頑張りが実を結びまたキリ番を迎えることができました。おめでとう!そしてありがとう!毎日読んでくれて、ポチッとしてくれてるみんなの場所。僕猫も大切に思っているよ♡
大好き!元気!頑張れる!
関連記事
スポンサーサイト

Category - 

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/21 (Thu) 14:07 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/21 (Thu) 22:33 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/21 (Thu) 23:54 | REPLY |   

Post a comment