FC2ブログ

Welcome to my blog

STRAWBERRY MOON

Article page

音 48

Category - 
20180409135812a1c.jpeg








「大丈夫でした?」




大丈夫だって、大丈夫





…ズキっと痛む胸を笑顔に隠してチャンミンと並びみんなの後に続いて歩いた。





楽しかった気分が一気に落ちる自分を奮い立たせ、丸まりそうな背を精一杯伸ばした。


受付に見覚えのあった顔


すんなりスルー出来たのに、自分のミス…





俺が自分に勝たなきゃいけない。
こいつに頼りきるんじゃなくて、と


そう思って乗り切ったつもりだったけど
なんでこいつは、



俺の心を見透かそうとするように






「ん。全然、
楽しかったな。初めてなわりに上手かったろ?」




着替えを家に取りに行くっていう名目で先に切り上げようとした俺に付き合ってチャンミンも


ふたりで抜けることになっちまったけど


だからこそ、
カランとした車内では、その視線から逃げられないような状況で


揺れに身を任せ
吊り広告に視線を移し

どうにか話をはぐらかそう、と話のネタを探す。






「ダーツ、面白かったですね。
またふたりで行きましょうか?」


「…だな。」






そんなものは見つからず、

結局はアミューズメントパーク内の話…、
楽しげに跳ねるおまえの言葉が胸を刺す。







…会うこともある。そうは思っていたけれど、
店と顧客の家、実家

そんな行動範囲だし


昨日の祭でさえ、俺、
見られてたことすら気付いてなかった



そう、だよな。



俺が気付いてなくても、見られてるってこともある。



地元で踏ん張るって決めた、あん時の俺
こんな事だって、覚悟したはずなのに







「…なんか、元気ないですよ?
やっぱ、今日くらいゆっくりしたらよかったですよね。」



「…いや。少し人あたりみたいなもんだよ。
カラダは全然…、俺、丈夫だし。」





心配気に覗き込むチャンミンには
言えない。


せっかく、ここまで繋がったのに
弱い俺なんて、見せたく、ない。




俺にだって、
年上だっていうプライドもあるし

抱かれる側だって
男の沽券ってのもある。



吹いて飛ぶような、それだけど
俺には俺の…、






「最初くらい、ふたりでデートの方が良かった気もしますけど、」


「そんな事ねぇよ。
来週、アイツらとバーベキューも行くだろ?
名前とかも知っておきたかったし、」



「…そう、ですか?
でも、ふたりデートも行きましょうね?」


「…、だな。」






言葉には嘘はない。


アイツらはみんないい奴らだったし、
昔からの友達みたいに思えるほど、楽しかった。

カラダもケツがむず痒い感じがするくらいで
ナカの鈍痛みたいなもんはわりかし軽くなったし、






痛いのは胸で、
苦しいのは心で、




…面と向かって会うのは、中学以来

クラスでもお調子もので声がデカくて、
あんな事がバレる前は楽しい奴

そう思ってただけだったけど、







「ユノ、着きますよ?
…服、このまま取りに行きます?」


「一旦、店戻る。」




そう言った俺に微笑み頷くおまえには
言えない。



俺の心の闇は…、





…『ユノだよな?』そう声をかけられ
『昨日見たぜ?今でも、ソッチなんだな。』
そう笑った昔のクラスメイト




その顔は、目は、声色も…、昔のままで




『ピアスとかしちゃって、ソッチ系ってアピール強くなったんじゃね?』

そう、言って俺の耳に手を伸ばした。


その手を払い、睨み見下ろし、
俺なりに精一杯の虚勢をはろうと、


けど、


土着民の情報網は恐ろしいほどで…、




チャンミンの情報も
ヒョンが今どういう状況なのかも

ペラペラと俺にぶつけ、愉快がる、
言葉の端々に毒針を仕込んで、



…手渡されたそこの割引券


『またソレ仲間と遊びに来なよ。』
そう言って肩を叩き、喫煙所を後に…、


なんの気なしに
ひとりでタバコなんて吸いに行った俺が悪い



ひとりで行かなきゃ良かったんだ、俺は…、





俺のせいでチャンミンの友達までそんな目で見られちまったのか。と思うと、

…痛い、


言い返そうとした言葉が喉に詰まって出なかった自分が…嫌いだ。








「ユノ?ぼぉっとしてるとぶつかりますよ?」




チャンミンに腕を引かれ


思わずその手を払う。


…あ、




「悪い。…だいじょぶ、だから。」




チャンミンを傷つけるつもりはねぇのに、
カラダが勝手に、







「…また、なんかひとりで抱えこんでません?
もう僕らは、」


「本当に何もねぇし。」





強い口調で
自分で放った音が跳ね返り


…自分の胸に突き刺さる。





おまえを信用してないわけじゃない。
むしろ、矢面に立ってでも俺を守ろうとする奴だって分かるから、


抱いた俺を守ろう、


そう思わせてんのは、俺のこんな弱さだって自分でも、分かってるから



もどかしい



幸せになればなるほど、怖くなる。
全部、自分が乗り越えるべきことが


クソっ、なんで俺は…、






「…ごめん。僕、浮かれすぎ、でしたね。」



行きましょうか、ユノ…、





発車する電車にかき消されていく、
おまえの声、



ホームを流れてく風と音









晴れわたっていた空に白く重く重なる入道雲




歩き出した背中


俯きかげんに歩き出したその背中を
見続ける。




幸せだから怖くなるもの


そういうものがある。ってことに
俺は、


足が竦む俺を許せずに



離れていく背を見続けていた





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
今日も読んでくれてありがと!…揺れてるユノ。書き起こしながら怒る僕猫←え
明日から2週間、読書ボランティアしてる外身の人が大イベント中のため、コメ返事いつも以上に…遅れるかもです。書き起こしは怒りながら頑張ってますのでなんとか…←え
関連記事
スポンサーサイト

Category - 

6 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/26 (Sat) 17:24 | REPLY |   

しあん  

僕猫さんのいじわる~

もうちょっとフワフワイチャイチャさせてあげても良いじゃないですか~(T-T)

私も、いずれは立ち向かわなきゃいけないんだろうな、とは思ってたけど、、、

正直言って、臆病になっちゃうゆのに対して、「俯いてばっかいるんじゃないよ!」ってボアちゃんみたいに背中バチンと叩きたくなっちゃう時もあったんだけど、、、。

でも、再会した彼のナイフのような言葉を聞くと、当時のゆのがどんなに傷ついて、心が死んでしまうくらいだったのか、、って想像できる。ましてや中学生だったし、、。
本当に胸が潰れる思いです。

でも、やっぱりゆの自身が乗り越えないといけないんだよね。
地元で頑張るって決めたこと、、
確かに辛い試練もあるけど、だからこそ
ちゃんみんとまた出会えたんだから、、。

今ゆのは一人じゃないよ。
頑張れ 頑張れ ゆの!

2018/05/26 (Sat) 18:53 | EDIT | REPLY |   

僕猫  

み◯の◯ょ◯さんへ

あ、み◯の◯ょ◯さん(*´∀`*)
相変わらず惚れ惚れする怒りっぷり♡
いるよね。こういう負け犬←ぷ

え?僕猫が決めたわけじゃ…
だってだって、こう言う映像が勝手に(/ _ ; )
(*´∀`*)へへ←笑って誤魔化すw

ユノんために怒ってくれてありがと(〃ω〃)
きっとすぐ…ぐあしっと成長してくれるはず!ふふ
早く乗り越えて欲しいね。←脳内頼みw

2018/05/27 (Sun) 06:03 | EDIT | REPLY |   

僕猫  

しあんさんへ

ほよ。しあんさん(*⁰▿⁰*)ふふ。
今日もありがと♡



え〜〜(´∀`=)僕猫がいじわるなんじゃのうて、脳内が勝手なだけだもん。

ね。イチャイチャゾーンがこなかった←ね。ってw
あぁ…しあんさん、泣かせてもぅた。
ごめんにょ?←真剣に謝れ!

いやぁ、やばいよ。やばいなぁ。
と脳内映像見て思い、

あぁ、みんなに怒られそう。
うわ、またそれ?うわぁって←語彙力w

それでも、脳内映像忠実に←ぷ
清く正しく美しく。をモットーに僕猫頑張ってます←ぷぷ

そうだなぁ、ユノの心はジェットコースターに乗ってる気分だろうね〜。
ふふ。しあんさんも応援してくれてるし、大丈夫。

ってか、コレ序章で次の次?あたりがドカンとヤバイのが…←いっちゃダメw

2018/05/27 (Sun) 06:15 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/27 (Sun) 06:28 | REPLY |   

僕猫  

レラニムさんへ

オンニ。ごめにょ。
パタンキュだったの。←いつも体力なし子
…真剣に運動考えなきゃだわ。ぐぅう。

あ、またオンニ泣かせてもうた。
だよね。だおね。
こういうすれ違いって悲しい。
若かりし頃なんて…それだけで、もう知らんって…、
ん?チャンミンくんは心でなく男。

ユノってば、幸せから…あぁああ、だよね。
ふぅ。追いかけたけど、数歩後…今回もシムが踏ん張ってる?かな?
ユノはいっぱいいっぱい。

ん?うん!イベ頑張る!
これが僕猫だっていうのを示してやる(´⊙ω⊙`)←ぷq

2018/05/28 (Mon) 05:06 | EDIT | REPLY |   

Post a comment