Welcome to my blog

STRAWBERRY MOON

Article page

話はここから絡まる 25








つい恥ずかしくなって
そっけない態度をとる僕が

自分のプライドを守るために
つい言葉少なになりがちな僕が


抱き合ってもない素面の時に
……愛してる。なんて言うなんて


家の前で抱きしめられて
抱きしめ返すなんて…



もう、そこが家なんだから

「帰ってからにしましょう」って
いつもなら可愛げないこと言っちゃう僕なのに



自分から唇を寄せて、
ユノの吐息を感じて、唇を感じて

そっと舌を忍び込ませる…


ユノの舌を探して…絡めて…
隙間ないくらい身体を引き寄せて


僕の全てで、愛してるって囁く





「んっ、ちゃ…、家、いこ…」


ユノの方が戸惑うように白旗をあげる

なんでこんなに抑えがきかないんだろ。
離れたくなくって、キスが、止まらない…




「…んっ、チャンミン。ちょっとだけだから、待てって。」

ユノに無理矢理引き剥がされて、腕を引かれる。

階段も引き摺られるように、引っ張られてって…



僕、もう、ダメ。
ユノが欲しくてたまらない。






鍵を探してるユノ

後ろから抱きしめて、首筋に鼻を滑らせ、耳たぶに歯をたてる。



「待てって、今、鍵…」

「…ユノ…好き、」

腰に回した手を滑らせて…

「勃ってる…」

「あ、当たり前っ。コラっ、チャンミン。
鍵、開けっ、んっ」


チャックに手をかけようとしたら、手を掴まれる。


「チャンミン。待てって。良い子に待てないと…」

「待てないと?」

「お出かけ無しにするぞ?」

「お出かけ?」

「そっ。デート。」



ユノ得意のイタズラっこの笑み
…今度は何を企んでるんだ?


でも、デートっていう甘い誘惑の言葉が
僕の激情を止める。



だって、デートらしいデートってしたことないんだ。
映画行ったり、ライブ行ったりはするけど、お互い趣味の延長みたいなもので…


「デート、したいです。」

「よし。」


満足気に頷くと鍵を開けて…



って、なんで、ユノが先に入って

玄関閉めるんだよ




仕方なく玄関のノブを引いて…



「おかえり。チャンミン。」

手を広げて待つユノ





ソレ、したかったんですね。
目の前でドアを閉められる僕の気持ちは?

…かわいいけど、やっぱズレてる




「…ただいま。ユノ。
っていうか、ドアまで閉める必要あったんですかね?」

「なかった?」

「ないです。目の前で閉まってムカつきました。」

「それは困る。あ、チャンミン飯食った?」


話題がぽんぽん飛んで、さっきのエロい気分がどっかに飛んじゃったじゃねぇっすか。




ユノの馬鹿。

愛してる。とかLINEで送ってくるから
ユノを食べる気満々で迎えに行ったっていうのに



「…チャンミン、口尖ってるぞ?」

「お腹空きましたね。ご飯にしましょう。」

「風呂入ったの?」


入りましたし、準備万端ですけど、教えてあげません。


「ちゃ〜んどら。」

「…ウザいです。ご飯温めますから、入ってきたら?」

「わかった。じゃあ、明日デート行こうな。」


何がどう繋がって「わかった」の後がデートの話なんだ?

ユノの脳内がイマイチ分からない。

いつもの暴走の雰囲気だけど…




鼻歌を歌いながら浴室に消えていく後ろ姿


…僕の熱はどこに発散すればいいんだろ。
悶々とするこの怒りにも似た…


冷蔵庫から冷製パスタの材料を出す。
…温めるもんなんか、ないじゃんか。

あとは具とパスタを混ぜるだけ…




ユノをすぐに食べちゃうつもりだったから
ユノでも用意出来る夕食にしちゃったのに

ただ混ぜ合わせるだけの一品料理

なんだか虚しい。


僕だけ盛り上がって、僕だけ欲しがってるみたい

…結婚申し込まれた気分でいる僕って馬鹿


風呂場から聞こえてくる鼻歌が大きくてムカつく










ベランダに出て、空気を吸い込む。




雲に隠れてた月が顔を出して

空に向かって手を伸ばすような葉を照らす


少しかかった水が雫を作って葉を煌めかせる



昨日、ユノも水あげてくれたんだな
僕も帰って来てすぐにあげた水

弱ってないか心配してたんだけど
元気で安心した。



僕が出発する頃には、片面の窓を覆い尽くすほどに伸びるんだろうな




この前の学会では、今までの常識を覆す様な研究結果も出てきた

…葉の面積量増加が温暖化に影響している
そんなものも出てきたから、緑地化の是非も問われてくるだろう

葉が呼吸し過ぎることによって、温暖化が増幅されること示すような研究内容…



僕が学んで、新たな環境建築への寄与ができたら…

難しいのかもしれないけどユノとなら



「あ、ここにいた。」

「夕食にしましょうか。」

「何、難しい顔してたの?」

「何事も一筋縄ではいかないな。と」

「…俺らのこと?」

「も、そうかもしれませんね。」


バランスが重要なのは、どんなことも一緒なのかもしれない。


ユノの気持ちと
僕の気持ちも


どちらが大きくても、いけないだろうし
それぞれが自分を持たなければ相手に負荷がかかる。


「また…、チャンミンは難しいこと考えてるな?」

「ユノは考えないんですか?」

「考えるよ。目標はまだ霧がかってるけど…
まずは目の前のことを、ってのが俺かな。」


隣まで来て、僕の目線に合わせて腰を落とす


「…固い絆を持って…」

え?ユノ?

「俺と一緒に…」

ユノは知ってるの?僕の願掛け…


頬にそっと添えられる掌
瞳は僕だけを映して

月が住んでいるような柔らかい光が灯る瞳が


「俺と一緒に飛び立とう。チャンミン。」


ゆっくり近づいて


「愛しあおう…ずっと。」


瞼に隠れても、僕だけを見つめてくれてる

重ねられた唇に想いが溢れ出して止まらなくて…


「…ゆの、やっぱり、シたい…」

「俺も…」


お互いの服に手をかけあいながら

ベッドルームまで、絡まり合うようにしてなだれ込む…



お互いの昂りは冷めることがないかのように



僕たちは



愛をずっと…囁きあった








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

╰(*´︶`*)╯♡ Thank you for a lot of love.☆☆
関連記事
スポンサーサイト

Category - 話はここから絡まる

7 Comments

僕猫  

誰か気付くかなぁ?

(`・ω・´)やっぱり、雑談ポチッと民が多かったのか…

そいとも「ボケ猫!今まで支えた私たちより、名無しの意見に準ずるのか!」と見限られたのか…(・∀・)

正直、書くのが怖いんよ?←甘えるな!自分で決めたんやろ!


…僕猫、ボケ猫…
本当はみんなと喋りたい。←で、ここかよ!

当分、ここで呟いてるかも…←ぷっ

_(┐「ε:)_←また来た

って、お話書けない〜って、甘えにきたけど。
みんな許してくれてそう?

ありがとうねヽ(;▽;)
そだよ?楽しくするって決めたんじゃん!

むぅ〜〜っ_(┐「ε:)_レッドブルパワーON
ドリンクちゃーじっ←ぷっ。現金

2017/09/13 (Wed) 19:57 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/13 (Wed) 22:17 | REPLY |   

僕猫  

レ◯ニ◯さんへ

あら(//∇//)全部見られてるの?
にゃはは

えっとね。み◯の◯ょ◯さんは…僕猫が勝手にロックオンしようと試みちう←逃げられるわ!
僕兎は、ずっと励ましてくれてるお友達♡←勝手に!
で、レ◯ニ◯もお友達でしょ?♡←これまた勝手にw
き◯り◯は、影の相方ちゃん♡←変態級愛

…友だち100人出来るかな←小1かっ!

にょ!それ言っちゃいやん!
Sじゃなかったのかも←ぷっ
ドキドキ動悸が…←打たれ弱い…はっ、やっぱSだわ!鞭で打たれた事ないもん←て、ほぼみんなそうだわ(๑•ૅㅁ•๑)

え?そうなの?
タメ口っぽくないよ?もっとぽわっときてきて♪
僕猫こんなんよ?←怒られたくせに威張るw

うっ。爺さんになるまで「話は〜〜」続けたら…凄い長いよね?←それって需要があるのか?♪(´ε` )
とりあえず出国までにしよう。
多分、続くかな。うん。

さて〜〜♪明日デートよぉ〜!
え?文字化スランプですっ飛ばしエロんっす今回。ごめ〜〜ん

って事で、デート覗き見に来てにょん♡
今日もありがとうね〜〜♪またねん(//∇//)
コメ心強いのだ。

2017/09/13 (Wed) 22:55 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/13 (Wed) 23:22 | REPLY |   

僕兎  

こんばんみーヽ(´・∀・`)ノ

ちぃーっす!
僕猫さんの好きなゴールデンな飲み物持ってきたじょー?
プシュッ!はい、お飲み?ぐぃーっと、ぐぃーっとな♪
秋の夜長じゃ、飲もーう‼ぷはー(^3^)/~☆
何かと思ったら僕猫さん自らコメ欄に突入したという…( ゚ロ゚)!!
またなんと奇想天外なことを~(笑)
ほんと笑わしてくれるんだから~(((*≧艸≦)ププッ
でもそれは雑談を楽しみにしてる読者さんを思ってのこと。。。
僕兎はわかっておるぞ?
それで…お話が描けなくなったとあったけどほんと?
思ったほどに傷は深いようじゃの…(/_;)
じゃあ、僕兎や読者さんの愛で癒してあげませう♪
たから少しずつでいいから元気におなり?変態にお戻り?←余計?
そして描けない時は無理して描かなくてもいいよ~
そのかわりにこういうのはどう?
コメント欄の中心で愛を叫ぼう~←アカン?ヾ(´Д`;●)ォィォィ
みんなでコメント欄でわいわいするの。ヘ(_ _ヘ)☆\(^^;)
それで怖くなくなったらまた描けばいいんじゃない?
無理せず自然な感情にまかせてでいいと思うよ~
あんまり考えすぎないでちゃんと寝るのじゃゾ!(。-ω-)zzz

2017/09/13 (Wed) 23:45 | REPLY |   

僕猫  

み◯の◯ょ◯さんへ

こんばんわん(*'▽'*)
激甘砂糖漬けな2人で…ええですか?(*'ω'*)

え、でもユノくんたら、チャンミンの目の前でバンってドア閉めましたけど
…(//∇//)でも、そだね。両手広げてたら許しちゃうね←ぷっ

そんな等身大パネルを玄関に…置く?置いちゃう?
黒にゃんこ宅急便のかっこえーお兄ちゃんにΣ( ̄。 ̄ノ)ノってされるじょ?

あ、明日も激甘なので…珈琲飲みながらどうじょ。
豆は、マンデリン?(о´∀`о)で

今日もコメントありがと!←僕猫泥沼から足が抜けなく…うっうおっってなってる?(*゚▽゚*)
放置じゃなくなって嬉し♡←ぷっ
まった来てねん♪

2017/09/14 (Thu) 00:04 | REPLY |   

僕猫  

僕兎さんへ

こんばんみ(о´∀`о)って僕兎オプコメかいなw
ありがとねん♪
励ましゴールデン♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

えっとねぇ。
脳内では動いてるのに、文字にしよってなると胸がざわわ〜〜ってなっちゃうんよ。
僕猫ってば、繊細さんなの♡←変態さんの間違えだなw

で、書いては消して…消しては書いて…

ででで、気付いたん。
消さずに駄文がーーーって書いてみよおって
ちょっと他のことして、で、開いて書く

これで明日の分は書けた←ぷっ

今日はいっぱい書くはずだったのに…←週末、僕猫にしては忙しいw
うぅ!書きたい書きたい脳内の子動いてるのに(´;Д;`)

と悶え苦しんでるけど、脳内は甘々←ぷっ

僕猫出来る子元気な子!!!
頑張る(つД`)ノ

ふふふ。自分のコメ欄1番乗りw
らしいっちゃ、らしいでしょ?

今日はこれで寝るぅ〜〜♪ありがとね〜〜♪僕兎!
忙しいのだから、僕兎こそ無理しちゃダメだぞ〜〜!

2017/09/14 (Thu) 00:20 | REPLY |   

Post a comment