Welcome to my blog

STRAWBERRY MOON

Article page

話はここから絡まる 24







今日くらいは早く帰りたいけど…

店長にバイトを辞めるって事を伝えたら「ペナルティーな」って向こうが始まるまでラストって約束をさせられた。


こんなんじゃ、ゆっくりチャンミンとの時間も過ごせねぇじゃん。って思ったものの…

これで何か買えるかも?と不純な打算

2人の時間は大切だから、終わったらダッシュだな。




何が良いかなぁ?と、バイトの奴らにリサーチする。

こうなったらガツンとカッコ良く決めたい。



「なぁ、恋人にプレゼントして欲しいものって何?」

って、会う奴会う奴に質問する。



その度に…

「どうしたの?ゆのっち、彼女に殴られたん?」
「うっは、マジで?コレすごっ」
「仲直り用?」
「うわぁ、浮気?ダメだよ?」

と、俺がトンデモナイ浮気彼氏だとみんなに噂され…


ドンへにまで、
「ユノ、何したんだ?チャンミン、凄えな」

と…、どんな俺なイメージ?俺一途なのに…






「プレゼント…そうねぇ。どんな人なの?」

真面目に応えてくれそうな相手見つけた。
彼氏は年上社会人って言ってるだけあってセンスも良い!よし!


「可愛いくてカッコ良くてロマンチスト!」

「って、自分じゃなくってさぁ。相手。」

「だから、相手だよ。俺の恋人ってそんな感じ。」

「…、似た者カップルなんだね。」

「そうか?」


分かんないけど、似てんのかな?俺たち。




「王道は指輪だけど…それは特別な時がいいかな?」

ナルホド。指輪…


「あとは、ピアスとかネックレス。時計とかブレスレット。ブランドもののバッグとか?」

ピアスはしないし、ネックレス…どうだろ。
時計…は、おじさんが入学祝いにって買ってくれたのを大切に使ってるし…
ブランドもののバッグったって…


「それぞれに意味合いがあるからね。気をつけて贈らないとだよ?」

「意味合い?」

「例えば…指輪は色々有名だけど…、ブレスレットなんかも、束縛したいって意味で、独占欲の表れ、なんて言われてるから、ちょっと重いかもね。」

…重たいくらいの方がいいんだけど



「でも、いいの選ぶってなると高いよ?」

「そうなの?」

「なに選んでも、学生のユノ君には背伸びし過ぎじゃないかな?」



参考までにって金額聞いたら、確かに万年筆の比にならない…

…こいつ、そんなの貰ってんだ…凄ぇな彼氏…

俺が考えてた予算だと、ファッションリングみたいな物くらいが精一杯だって


なんで、こんなに高いんだ?



そんなのをバンっと買える男になりてぇな…
1から考えなくっちゃ…、


とりあえず、今日からずっとラストになったってチャンミンに連絡しておこ。





休憩室に入ってLINEを打つ

チャンミンの返信は
ゲッソリ顔のスタンプに泣き顔スタンプ

なんだよ。ソレ。
なんだか、甘えてくれてるみたいで嬉しい。

いつものチャンミンなら‘了解しました’ってそっけない一文で返ってくるのに…







‘愛してる。帰るまで待ってて’





自分で打ち込んで赤面する。
うわっ。馬鹿、俺。

こんなんバカップルじゃんか…



既読になったのに、返ってこない…
引かれたかな?


恥ずかしい。マジで恥ずかしい。




‘待ってますよ。馬鹿ユノ’




なっ!馬鹿って言うなよ。
俺だってわかってる!



でも、次に浮き上がった言葉に…


心が全部持ってかれた。









‘愛してます’








たった一文なのに…
たった一言なのに

……駄目だ。早く帰りてぇ。
チャンミンの愛してるは、地球を破壊できる威力だ。

仕事出来る気がしない…




「あれ?ユノさん、休憩?」

彼氏が年下だって言ってた…


「なぁ。恋人同士のプレゼントとかって、どんな感じなの?」


まだ大学1年って言ってたし、そんなに金持ってなさそうだし

って失礼か…



「え?あ、みんな噂してますよ?浮気彼氏が必死だって。」

クスクス笑いながら、バッグから取り出したのは…、何それ?


「あ、これは彼氏へのプレゼントでね。
…願掛けっていうかお守り。」

細い糸を絡めながら、1本の紐を作るみたいに

「休憩中に作っちゃおうと思って。まぁ、女の子が欲しがる物じゃないから、ユノさんには参考にならないかな?」

「それ!教えて!」


お守り!お守り良いじゃん。
俺でも出来そう。
右に持ってって、それから左で…
繰り返ししてるだけで、お守り!


「…恋愛成就?自分用?」

「へ?」

「色でね。願い事の意味がかわるんだよ。
あとは、つける場所。切れたら願いが叶って…つけた人に戻すの。」


それから、俺は色々レクチャーを受けて…
プレゼントのひとつはこれにしようって決めた。


俺が作ったのをチャンミンがずっと身につけてるって、なんかいいだろ?

それも切れたら俺に戻ってくる。
ってことは、チャンミンも戻ってくる。


…でも、こんな安物じゃ…嫌かな?
無駄遣いはするな!って言われたけど…




頭を悩ませるけど、人へのプレゼントとか考えたことがなかったから

サプライズはしたいものの、他にいい案が浮かばない。


「あ、あと…手作りがいいなら、彼女さんと…」


え?そんな金額で?
それって…いいかも…


彼女の教えてくれたものは、サプライズにはならないけど、俺たちにはいいかも






「…コラ、ユノ働け!ラストまでつうのは、いりゃいいってもんじゃねぇぞ!」

店長にケツ叩かれながら、仕事して…




猛ダッシュで家路を急いで商店街を駆け抜ける。




早く会いたい。チャンミンの顔を見たい…

ん?


「あ、ユノ。おかえり。」

「えっ?あ、チャンミン。ただいま。」

「って、家じゃないのに、おかえりって言っちゃいましたね。」


そっか。俺が帰りたかったのって


「チャンミンとこに帰りたかったってことだからいいよ。」


そうだよ。
チャンミンの元に帰りたかったんだ。

家とかそういう物質的なものじゃなくって



「…家で待ってたんですけど、待ちきれなくなっちゃって…」

「なんか、チャンミンが甘々になってる。」

「え?」



いつもすました顔して、余裕ぶってるのに…
俺を迎えに来て、腕を絡ませてくるなんて



「…1年間離れるんですから、今のうちに充電です。」

「充電?」

「満タンにしてかないと、動けなくなっちゃいますから。」



そんなにぴったりくっつかって、可愛いことばっか言って…どうしちゃったの?チャンミン



「…なんですか?」

「……何だかいつもと違うから…」

「ユノと一緒にいられるっていうのが、当たり前って思ってたんですけどね。」




明るい商店街の角を曲がり


街灯の灯りがポツリポツリ道しるべのような道を2人歩幅合わせて…

チャンミンの耳触りの良い声が近くに聞こえる優しい闇夜





「当たり前じゃないって、気付いたから…」

「俺が当たり前にするよ?」



不安に思うことなんて、ない。
俺は、チャンミンだけなんだから…



「ですからね。ユノがそうやって頑張ってきてくれたから、今の僕たちがあるわけじゃないですか。」


なんの事?


「いつも、臆病になる僕を、
ちゃんとユノに導いてくれてるでしょ?」

「そんなこと思った事もなかったな。
ただ、振り向いて欲しいとか、俺だけ見て欲しいって思ってるだけで…」


チャンミンが笑うと、俺の腕が揺れる。
心地良い振動が、俺の帰りたい場所





「僕も男ですから、腹括って…
ユノ見習って‘恥ずかしい’は封印しようかと。」

「俺恥ずかしいヤツなの?」

「ですね。」




俺たちの家が見えてくる。

灯りが点いた家





「そんなユノが僕は…、大切ですし、かけがえのないものだと思ってますし…

…愛してます、よ。」


真っ赤になりながら、俯くチャンミンが愛おしくって

こんなチャンミンもいいな。って、
俺だけ知るチャンミンが増えたな。って、





幸せを思い切り抱きしめた。





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村

まずは、17000拍手の区切りを迎える事が出来ました。ありがとうございます♡

あと、ごめんなさい。
今、拍手コメ欄を閉じています。
コメントはコメント欄にお願いしますm(_ _)m
お手数お掛けいたします。

昨日無記名拍手コメをしてくださった方、お返事は昨日のコメント欄に書きました。

でも、返信書いてから色々考えたので、今日だけお付き合い頂けたら嬉しいです。



みなさんの力を頂きながらのブログアップ(。・ω・。)
この場所はみなさんに作っていただいたと思っている僕猫(`・ω・´)
なのに、勝手に拍手コメ欄閉じてゴメンね。

この部分の僕猫の話し方、ダメだろか?
やっぱり、丁寧語で話した方がいいだろか?
ひとりノリツッコミはダメだろか?
みんなに話しかけたり、お調子者な話し方は…
不快だろか…(´-ω-`)
お世辞にも綺麗じゃない言葉だしね。

とグルグルって考えて、考えても答え出なくて
お話も書けなくなっちゃって

意外とメンタル弱!な僕猫が顔出して…

気分悪くさせてた人がいたらゴメンねぇ。と思ったら、ここ書くのもちょっと怖くなって。

ただ、
このブログ始めた時、自分で決めてたことあって…
何か意見を貰ったら謙虚に受け取ろうって
だから
お喋りはコメ欄のみにする方が平和的解決だよね。
って、僕猫が勝手に決めちゃったけど、笑って許してくれる?

ここでアホ言ってる僕猫が好きってコメくれた人
ごめんね(´-ω-`)

最後まで、ボケ猫やなぁ。って笑って許してくれたら、明日からのお話も書けると思うの。
お話しても良いなって時には、コメント書いてね?
僕猫節で元気に馴々しく返します♡

ただ、お話は…クレーム無し子さんでお願いしたいのだ♪(´ε` )B級映画って笑って許して♡
ダメ〜〜って言われても脳内映像が勝手に進んじゃうから…ね?
それでもダメな時は、コメ欄で泣いてって?僕猫が慰めるから( ´∀`)


みんなのポチッとや拍手が私の力の源っていうのは変わりないから、応援して頂けたら、頂いた分…以上になる様に頑張るので、これからもよろしくお願いします!


長文、最後までお付き合いありがとう!!!

みんな大好き!

名無しの誰かさんも、僕猫、嫌いじゃないよ。
考える機会をくれてありがとう。悪者にしたいわけじゃないから、そこだけはわかって欲しいです。
面白いって思う人もいれば、不快って思う人もいるってことよね。気付かせてくれたんだって思ってます。

ここは読者さんたちが作ってくれた場所
楽しいままにしたいってだけなので♡
これで許して下さい。


あとがき、とかは、僕猫節炸裂しちゃうと思うので、それだけは目をつぶって頂けたら幸いです。
関連記事
スポンサーサイト

Category - 話はここから絡まる

12 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/12 (Tue) 22:00 | REPLY |   

僕猫  

み◯の◯ょ◯さんへ

こんばんわ(о´∀`о)
でしょ。めっちゃ、ラブラブばカッポーしょ?
脳内映像見つつ、あー。あー。にょーーーっ!ってなりながら、文字化中|( ̄3 ̄)|

プレゼント。なんしょね?何かなぁ?うふふ。
好きな人なら、毛の一本でも嬉しいよね←それ変態僕猫だけなw

え?本当?ノリの良い友達?Σ( ̄。 ̄ノ)ノヤッタじぇ
リア友に、リアルに「舞うな!」って怒られるくらいのアホだけどお友達になる?w(`・ω・´)よろピコ←逃げられるわ!

僕猫は僕猫なので、これからも遊んでねん♡
今日も来てくれてありがと〜〜♪♪♪

2017/09/12 (Tue) 22:36 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/12 (Tue) 23:18 | REPLY |   

僕猫  

レ◯ニ◯さんへ

うははっ。全部バレてるじぇ♪(´ε` )
そうなのさ。ずっと変わらずこのスタイル。
照れ屋なもんで、にゅふ♪って言ってないと変態出来ないの(//∇//)←嘘言うな!

雑談はねェ。封印っ!秘技コメ欄の舞←本当にアホ

そうそう。
もうね。惚気まくられて、あてられまくって、
防音無いのに、ふぎぃ〜って言いながら書き起こししてるの。

似た者カッポーよ♡
愛囁きあってるよ♡むふ♡
リサーチも必死でしょ?w
そして、プレゼント。1個正解!
もう1個はね…明後日出てくるかな?w

ナルホド!出国か帰国ね〜♪りょかい♪
ありがと♡長くなっちゃってうよ〜♪

まぁ♪そして今日もご褒美のちう?♪(´ε` )明日も頑張る!

2017/09/12 (Tue) 23:42 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/13 (Wed) 01:45 | REPLY |   

僕猫  

T◯r◯-◯y◯さんへ

こんにちは(//∇//)
お仕事忙しかったんですね(*⁰▿⁰*)大変だぁ。
お疲れ様でっす!
まとめ読みありがと♡

うん♡ユノ男前っしょ?チャンミンも付いてくじぇでしょ?
ラブラブな2人(。・ω・。)アッチぃ

ふふ。僕猫が疲れないようにって優しい言葉嬉しい♪
わかった!楽しくがんばりゅ(`・ω・´)
雑談はね。ココと本編のあとがきのみって事で、みんなに楽しく来てもらえるように精進するからね(・Д・)ノまた遊びに来てねん♪

コメントありがとぉ♡元気になるよん♪

2017/09/13 (Wed) 06:28 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/13 (Wed) 07:01 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/13 (Wed) 07:39 | REPLY |   

僕猫  

b◯t◯さんへ

はじめまして〜\(//∇//)\わぁお♪僕猫雑談のファンとな?
嬉しい〜なり♪はじゅかしい〜なり♪
なのに、こんな事んなっちまいまして…すまぬ(´-ω-`)
ま、まさか、お話クレームより先に雑談にダメ出しくるとは!
貴重種僕猫と呼んで?w

うん。僕猫も読者オンリーん時ずっとb◯t◯さんと同じ感性で見てて、大好きな書き手さんが何か言われると、腹が立ってしまうひとりだったから気持ちわかるよぉ?

そして、こうして書き手側に立ってみて、優しい声かけがこんなに嬉しいんだって知ったの。
心に寄り添ってくれるだけで、書いてきてよかった♡って、悲しい気持ちより嬉しい気持ちが増えて「あら、困難って美味しい」って\(//∇//)\
だって、コレがなかったら、こうして1対1でお喋りする。なんて、なかったかも?でしょ?ラッキー僕猫(`・ω・´)

今回は僕猫の我儘に付き合ってくれる?書いてって言ってくれてるのにごめんね?
大人しく書ければ問題ないんだけど、ガバチョ〜っていっちゃうし…絶対、ブレーキないし…僕猫。
どこが嫌だったのかわからんから…。どこがダメなんじゃろ〜って、悩みながら書くことになっちゃうし。それは嫌だし。

だったら、僕猫と喋りたいって思ってくれてる人と喋ったらいいんじゃん?って
で、それをみたい人はコメント覗いてくれるかな?って
欲を言うなら、わちゃわちゃみんな仲良く話せたら面白いのになって♪(´ε` )

書いてっていうのも意見なのにね〜。うー。困った。
んー。大好きだから許して!って、甘えられる方にお願いってするようになっちゃうんだよなぁ。理不尽とかって思わんでね〜!

だからさ。気が向いた時にお喋りに来て?
僕猫ワールドを堪能に来て?
コレが僕猫だって思ってくれたら、超ハッピーっす!

コメントありがと♡すっごく嬉しかったよん♪
また遊びに来てねん♪舞ってるじぇい(о´∀`о)

2017/09/13 (Wed) 08:34 | REPLY |   

僕猫  

m◯kさんへ

およ!マジすか?雑談好き?(*'▽'*)
楽しみにしててくれたのに、面目ねぇっす…
雑談ダメ出し、貴重種僕猫っす(`・ω・´)キリっ
まっさか、まさかですよ。天変地異っすよ。

ワタシってば、偉業を成し遂げたわ♡←非常に前向きw

なくなりまふ。ボケ猫雑談ワールド
ごめん!ごめん!ごめん!
許して…チョンマゲ←コラ!真面目に謝れ!

これって僕猫の我儘だからさ。
笑って許してくれたら…ココで舞います←ぷ

読者目線のお喋りはココで思う存分しよう?
ね?ね?
ここだったら気兼ねなく、のびのび〜っと好きにわちゃれるっしょ?
気が向いた時に立ち寄って貰って
楽しかったね〜\(//∇//)\って帰って貰えるのが…理想←ぷ

ミンホかホミンか分からんシステムも良いの?
ぷぷぷっ。
どっち?どっちなの?( ゚д゚)
こっちかよぉ〜〜((((;゚Д゚)))))))って?w

じゃぁ、新しいお話で翻弄してあげなきゃいけないわね?
僕猫の今回の我儘を笑って許してくれるなら…
新しい子達を…えっと、もちょっと経ったら、頑張って文字化するわ♡

これからも僕猫なりに←出た僕猫なりw
楽しんで貰えるようにがんばりゅ(`・ω・´)スキデスっ

コメントありがと♡すっごく嬉しかったにょ♪
また遊びに来てねん♪

2017/09/13 (Wed) 08:58 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/09/13 (Wed) 13:15 | REPLY |   

僕猫  

レ◯ニ◯さんへ

『話は…』のシリーズ化?!
なるほどです♡元気に動きまわるようなら…してみようっかな?
╰(*´︶`*)╯♡サンクス♪

2017/09/13 (Wed) 14:23 | REPLY |   

Post a comment