FC2ブログ

Welcome to my blog

STRAWBERRY MOON

Category: 話はここから繋がる

No image

No image

READ MORE

See more details

話はここから繋がる ー After about two years story ー Changmin

Comment  12
チェストの上には僕の…「おい!ブチこ!そこ乗るな!」ユノの可愛がってる猫たちは、我が物顔で庭を闊歩し、開けてる窓からヒョイっと入ってくる。僕自身は凄く猫好きってわけでもなければ嫌いってわけでもない。チェストの上、宝物の隙間縫って歩く…ユノネーミング的には「ブチこ」耳には三角印この辺の地域猫だから、ほかの家では「タマ」だったり「ミーコ」だったり「チビ」だったり、いろんな名前で呼ばれているのだと思うのだ...
No image

No image

READ MORE

See more details

話はここから繋がる ー After about two years story ー Yunho

Comment  4
「なぁ、きなこぉ…、チャンミン遅いね?」夏花が咲き乱れる庭は、チャンミンの愛を目一杯受けとって嬉しそうに揺れる。ここに来てからというもの、今まで以上に忙しがるチャンミン暇さえあれば庭で花たちの世話をしてるか、キッチンで何かを作ってるか…猫のブラッシングしてるか、迷い込んできた猫を構い始めたのは俺だったのに、いつの間にか…「餌あげて可愛がるだけじゃダメです。」なんて、地域のおばちゃ…お姉さんたちからのツ...
No image

No image

READ MORE

See more details

話はここから繋がる 29

Comment  6
それからの僕は色んな手続きや交渉ごとユノが苦手であろうことを一切合切引き受けた。契約書に必要な印鑑を作ったりこれからの支払いとかのために共有名義の銀行口座を開いたりローンの申請をしたりあんな大きな買い物…サイン書いただけでソレでオッケーなんてあるわけないだろ!っていうことはユノには言わない。吹き出すようにして僕のところに連絡をしてきた室長は「か、会社でも、まだ、契約書類とか、任せてないから、…、ごめ...
No image

No image

READ MORE

See more details

話はここから繋がる 28

Comment  6
ユノの案内で大学から徒歩20分雪が降る中、ひとつの傘をわけあってとりとめもない話ふわり、と息が舞うたびこれからどんな事が待っているのか気になるけどユノの呼吸に合わせるように歩くテンポを合わせる商店街を挟み、僕らの家とは反対側、森林公園に隣接している住宅街は木々に囲まれ益々静かな景色へと変わる。「ここ突っ切ると会社まで近いんだ。」なんて公園口を指差し、なのに、そっちには行かずに横を通りすぎる。商店街か...
No image

No image

READ MORE

See more details

話はここから繋がる 27

Comment  0
僕がどんな攻撃を仕掛けても口を割らなかったユノはどんな隠し球を持ってるんだろ。結局…、僕が快楽に負けて主導権がユノに渡って、どんなに鍛えたってユノの体力には敵わない。…最近、腹筋とかいろいろ陰で頑張ってるのに、昼頃から降り始めた雪が冬の花に綿帽子をのせる。石畳みの上に薄っすら残ってる雪が足元を慎重にさせ…ふと視線をあげると中庭を見渡すように立つ後ろ姿は教授で声をかけようかどうしようか少し迷う。昨晩の...