FC2ブログ

Welcome to my blog

STRAWBERRY MOON

Index page

Index

1: はじめまして【追記 2018.4.13】

はじめまして(・Д・)ノ僕猫です。こちらB

  •  3
  •  -

578: 嫌われる覚悟はできたか2nd 80

夕方になれば吐く息も白くなる一緒に歩くま

  •  0
  •  -

577: 嫌われる覚悟はできたか2nd 79

「またユノさんからです?」「…そうですね

  •  2
  •  -

576: 嫌われる覚悟はできたか2nd 78

バタバタと出掛けてる準備をして両親たちと

  •  1
  •  -

575: 嫌われる覚悟はできたか2nd 77

「じゃぁ、ユノのこと送って頂いちゃってい

  •  1
  •  -

574: 嫌われる覚悟はできたか2nd 76

r18聞こえてくる雑音から俺の耳を塞ぐよう

  •  0
  •  -

573: 嫌われる覚悟はできたか2nd 75

背骨に沿って毛が逆立つような感覚首筋に触

  •  1
  •  -

572: 嫌われる覚悟はできたか2nd 74

そっと部屋を抜け出すおまえの背中を目で追

  •  1
  •  -

571: 嫌われる覚悟はできたか2nd 73

賑やかなのがあなたには合っている村での送

  •  2
  •  -

570: 嫌われる覚悟はできたか2nd 72

時が経ったのを実感する家の空気は変わらず

  •  0
  •  -

569: 嫌われる覚悟はできたか2nd 71

改めて挨拶をするなんて緊張したなし崩し的

  •  2
  •  -

568: 嫌われる覚悟はできたか2nd 70

熱が下がってもチャンミンは俺を甘やかした

  •  0
  •  -

567: 嫌われる覚悟はできたか2nd 69

まめと同じような格好で眠るユノの隣に潜り

  •  1
  •  -

566: 嫌われる覚悟はできたか2nd 68

俺のスーツケースを広げひとつひとつ畳んで

  •  1
  •  -

565: 嫌われる覚悟はできたか2nd 67

「やっぱり、大丈夫なんかじゃないじゃない

  •  1
  •  -

564: 嫌われる覚悟はできたか2nd 66

たくさん心配かけてごめんね。たくさんの優

  •  1
  •  -

563: ありがとう

おはようございます。昨日はおやすみの記事

  •  3
  •  -

562: 急ではありますが

今日明日はおやすみさせていただきます。い

  •  5
  •  -

561: 嫌われる覚悟はできたか2nd 65

チャンミンが言ってた通り俺の腹はこれ以上

  •  1
  •  -

560: 嫌われる覚悟はできたか2nd 64

駄目だって言いながら僕に委ねられてくカラ

  •  1
  •  -

559: 嫌われる覚悟はできたか2nd 63

あー、r18いつもどこかでおまえに負けたく

  •  1
  •  -

558: 嫌われる覚悟はできたか2nd 62

「俺、なんにも自分から動いてなかったなっ

  •  2
  •  -

557: 嫌われる覚悟はできたか2nd 61

この村では浮きまくるような格好で帰ってき

  •  3
  •  -

556: ごめん

遅れますm(_ _)m

  •  0
  •  -

555: 嫌われる覚悟はできたか2nd 60

おやすみ、ユノたったそれだけのメッセージ

  •  2
  •  -

554: 嫌われる覚悟はできたか2nd 59

ひとり、まめを引き取りに診療所に顔出せば

  •  3
  •  -

553: 嫌われる覚悟はできたか2nd 58

走り出した列車は僕らの道を分ける心細くな

  •  1
  •  -

552: 嫌われる覚悟はできたか2nd 57

揺れる空を見上げる星ひとつ見えない空真夜

  •  1
  •  -

551: 嫌われる覚悟はできたか2nd 56

顔だけではなく首まで桜色に染めて饒舌にな

  •  1
  •  -

550: 嫌われる覚悟はできたか2nd 55

クリスマス一色の浮かれた人混みサンタがあ

  •  1
  •  -

549: 嫌われる覚悟はできたか2nd 54

いつまでもここにいるわけにはいかないとシ

  •  1
  •  -

548: 嫌われる覚悟はできたか2nd 53

おまえ以外なにも見えなかった眩い光の中無

  •  2
  •  -

547: ごめんなさい!

本当連日のようにごめんね!30分待って(´•̥

  •  0
  •  -

546: 嫌われる覚悟はできたか2nd 52

少しデザインの違う指輪俺がおまえに贈りた

  •  1
  •  -

545: 嫌われる覚悟はできたか2nd 51

急ぎ足で駆け回るような買い物だけになっち

  •  3
  •  -

544: 間に合わない!

ごめんなさい。30分だけ頂戴!

  •  0
  •  -

543: 嫌われる覚悟はできたか2nd 50

この景色は一生忘れないと思う茜色に染まっ

  •  1
  •  -

542: 嫌われる覚悟はできたか2nd 49

ユノが笑うと僕も笑うユノが拗ねても僕は笑

  •  1
  •  -

541: 嫌われる覚悟はできたか2nd 48

あれから僕らのダンスに対する姿勢が変わっ

  •  3
  •  -

540: 嫌われる覚悟はできたか2nd 47

自分の中でスイッチがカチリと入った音がし

  •  1
  •  -

539: 嫌われる覚悟はできたか2nd 46

たった3ヵ月時が流れるのは早いけれど1日1

  •  3
  •  -

538: 嫌われる覚悟はできたか2nd 45

初めてのセックスは俺の中では特別だったけ

  •  1
  •  -

537: 嫌われる覚悟はできたか2nd 44

r18ユノの唇が離れてく喉を晒すように天を

  •  0
  •  -

536: 嫌われる覚悟はできたか2nd 43

r18おまえの腹を濡らし続ける動くな。って

  •  2
  •  -

535: 嫌われる覚悟はできたか2nd 42

どんどん綺麗になっていくユノを遠くから見

  •  2
  •  -

534: 嫌われる覚悟はできたか2nd 41

いまだに不思議なんだなんでこんなに心満た

  •  1
  •  -

533: 嫌われる覚悟はできたか2nd 40

r18おまえと俺だけの世界そんなのはきっと

  •  1
  •  -

532: 嫌われる覚悟はできたか2nd 39

日を追うごとに増えてく観客テーブルや座布

  •  2
  •  -

531: 嫌われる覚悟はできたか2nd 38

時が刻々と過ぎていくできるなら、僕たちの

  •  0
  •  -

530: 嫌われる覚悟はできたか2nd 37

凍るように冷たい水指先がジンジンして腹の

  •  3
  •  -

529: 嫌われる覚悟はできたか2nd 36

炬燵の中で足が触れ合う寝転び、互いに違う

  •  3
  •  -

528: 嫌われる覚悟はできたか2nd 35

ユノは帰ってこない僕はそう思っていた。「

  •  1
  •  -

527: 嫌われる覚悟はできたか2nd 34

これからのことを考えた景色が飛んでいくよ

  •  1
  •  -

526: 嫌われる覚悟はできたか2nd 33

「ちょっ、若先生!ちょっと、はよ!」次の

  •  1
  •  -

525: 嫌われる覚悟はできたか2nd 32

僕らは手を繋ぎ眠ったその手が離れないよう

  •  2
  •  -

524: 嫌われる覚悟はできたか2nd 31

「…先、お風呂にしましょうか、」溜まって

  •  0
  •  -

523: 嫌われる覚悟はできたか2nd 30

「あったまる前に着いちゃいますね。」エン

  •  1
  •  -

522: 嫌われる覚悟はできたか2nd 29

汗だくだった身体をぬるめのシャワーで流し

  •  1
  •  -

521: 嫌われる覚悟はできたか2nd 28

「悪かった、な?」「いえ、べつに、、とい

  •  1
  •  -

520: 嫌われる覚悟はできたか2nd 27

チャンミンに抱きしめられたまま眠って朝食

  •  1
  •  -

519: 嫌われる覚悟はできたか2nd 26

期限付きのふたりきりの時間ユノが夢を目指

  •  1
  •  -

518: 嫌われる覚悟はできたか2nd 25

鼻の上に雪が舞い降りてくる。急な山道目の

  •  1
  •  -

517: 嫌われる覚悟はできたか2nd 24

診察が始まっても心はどこか騒めいて目の前

  •  1
  •  -

516: 嫌われる覚悟はできたか2nd 23

まだ眠い目を擦りながらチャンミンの姿を探

  •  1
  •  -

515: 嫌われる覚悟はできたか2nd 22

チャンミンを味わう何にも変えがたい存在だ

  •  1
  •  -

514: 嫌われる覚悟はできたか2nd 21

あなたが僕の前に現れた時、予感してた僕ら

  •  2
  •  -

513: 嫌われる覚悟はできたか2nd 20

「ユノの住む世界とも僕はまっすぐに向き合

  •  1
  •  -

512: 嫌われる覚悟はできたか2nd 19

こんなに眠ったのっていつぶりだろ心もカラ

  •  1
  •  -

511: 嫌われる覚悟はできたか2nd 18

※ 微あ〜る18「…ゆの、」「……、ん?」「辛

  •  1
  •  -

510: 嫌われる覚悟はできたか2nd 17

「…少し待ってもらえます?」「…ん?あぁ、

  •  0
  •  -

509: 嫌われる覚悟はできたか2nd 16

チャンミンの足元で戯れついてる仔犬の姿お

  •  4
  •  -

508: 嫌われる覚悟はできたか2nd 15

人目避けにと手渡された黒の帽子を被り寒い

  •  0
  •  -

507: 嫌われる覚悟はできたか2nd 14

俺にはおまえだけは特別なんだって改めて知

  •  1
  •  -

506: 嫌われる覚悟はできたか2nd 13

まめが新しい匂いに夢中になってくれてて助

  •  0
  •  -

505: 嫌われる覚悟はできたか2nd 12

俺の夢ってなんだったんだろ?って最近凄く

  •  3
  •  -

504: 嫌われる覚悟はできたか2nd 11

僕の日常に組み込まれた日課はユノからの返

  •  0
  •  -

503: 嫌われる覚悟はできたか2nd 10

手作りなんて嫌われるかしら?と渡されたの

  •  2
  •  -

502: 嫌われる覚悟はできたか2nd 9

真っ暗な画面に命吹き込むようにサイドのボ

  •  1
  •  -

501: 嫌われる覚悟はできたか2nd 8

ユノからの連絡が途絶えてからどのくらい月

  •  1
  •  -

500: 嫌われる覚悟はできたか2nd 7

「若先生!大変っ!…ってなんだいみんな来

  •  2
  •  -

499: 嫌われる覚悟はできたか2nd 6

部屋の中が違って見えるから少しだけ寂しく

  •  1
  •  -

498: 嫌われる覚悟はできたか2nd 5

盆があけた頃から朝晩冷え込んで古いこの家

  •  1
  •  -

497: 嫌われる覚悟はできたか2nd 4

携帯の電源を一度切ったものの部屋を1周し

  •  1
  •  -

496: 嫌われる覚悟はできたか2nd 3

「会いたいです。どこに行けば会えます?」

  •  2
  •  -

495: 嫌われる覚悟はできたか2nd 2

「最近越してきたあの人、記者さんじゃない

  •  1
  •  -

494: 嫌われる覚悟はできたか2nd 1

「結局、チャンミンにばかり迷惑かけてるな

  •  1
  •  -

493: 微熱 last story

本当はね。ツアーに合わせて昨日終わる予定

  •  1
  •  -

492: 微熱 8

目覚めると不安になってつい隣を確認してし

  •  2
  •  -

491: 微熱 7

俺を見下ろし「見てて?」と唇を動かすその

  •  2
  •  -

490: 微熱 6

あの森では記憶にあると思った景色けれど、

  •  1
  •  -

489: 微熱 5

僕猫が熱あるんじゃない?的な話←もう末期w

  •  2
  •  -

488: 微熱 4

まだBLになってない不思議な世界へようこそ

  •  0
  •  -

487: 微熱 3

夢がどんどん変化していくあの日から…声に

  •  2
  •  -

486: 微熱 2

これは夢の続きか…いつもの声、それを震わ

  •  2
  •  -

485: リア彼 あとがきみたいなもの【僕猫節】

『リア彼』最後までお付き合い頂きありがと

  •  1
  •  -

484: 微熱 1

俺に問いかけるたびに動く咽喉とその声くら

  •  1
  •  -

483: リア彼 last story

自分に自信があったのは架空世界の中の僕ひ

  •  4
  •  -

482: リア彼 71

手を伸ばし温かさを抱き込む朝はもう肌寒く

  •  2
  •  -

481: リア彼 70

トラの眠る脇に布団を並べ敷くまるで人間み

  •  1
  •  -

480: リア彼 69

「まったく、チャンミンくんまで巻き込んで

  •  2
  •  -

479: リア彼 68

相反する性格が形になって目に見えると口喧

  •  2
  •  -

478: リア彼 67

先に戻ってろって言われたってそんなことは

  •  2
  •  -

477: リア彼 66

ヤツと視線がぶつかる俺のこのどうしようも

  •  2
  •  -

476: リア彼 65

ユノの言う家族っていうものになるにはどう

  •  1
  •  -

475: リア彼 64

ユノの生まれ育ったあの海の波のように寄せ

  •  2
  •  -

474: リア彼 63

いい話なんだか悪い話なんだか…←オイオイ氷

  •  2
  •  -

473: リア彼 62

1泊の予定が2泊になるどうせどっちだって

  •  1
  •  -

472: リア彼 61

多分、チャンミンのことを好きな俺をそれで

  •  2
  •  -

471: リア彼 60

「好きになるのと嫌いになるの、おまえどっ

  •  1
  •  -

470: リア彼 59

談笑するユノを部屋の隅に移動して眺めるや

  •  1
  •  -

469: リア彼 58

昼間は人の少なかった防波堤には浴衣で着飾

  •  1
  •  -

468: リア彼 57

黒猫なのになんでトラ?という僕の疑問は抱

  •  1
  •  -

467: リア彼 56

家の間を縫うように坂道を上っていく狭い路

  •  0
  •  -

466: リア彼 55

防波堤に並び座りひと息痛いほどの日射しに

  •  1
  •  -

465: リア彼 54

鼻歌だったのがどんどん本格的な歌へと変わ

  •  2
  •  -

464: リア彼 53

微R18(僕猫的)寝ると起きられなさそうだか

  •  1
  •  -

463: リア彼 52

悶々ゾーン?いやーーーーーー!←ぷクルク

  •  1
  •  -

462: リア彼 51

「…寂しそうだったな?」「しょうがないで

  •  1
  •  -

461: リア彼 50

緩んだ顔でパトラッシュの散歩がてらに朝食

  •  1
  •  -

460: どうしようかな【僕猫節】

あらためまして100000拍手おめでとうござい

  •  3
  •  -

459: リア彼 49

えっと、僕猫のR18ですどう表していいのか

  •  1
  •  -

458: リア彼 48

おとなしく寝てる毛並みを撫でる。静まりか

  •  3
  •  -

457: リア彼 47

昨日は不穏だったのに今日はいきなりのR18

  •  1
  •  -

456: 行幸地下ギャラリー ネタバレ2

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます

  •  -
  •  -

455: リア彼 46

「ぱとぉ、おいっ、ってば、おぉおぃ、」隣

  •  2
  •  -

454: 行幸地下ギャラリー ネタバレ

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます

  •  -
  •  -

453: リア彼 45

いやーって言われても、脳内映像はコントロ

  •  3
  •  -

452: リア彼 44

「これとか良さそうじゃない?」ベッドに寝

  •  2
  •  -

451: リア彼 43

チャンミンと俺とパトラッシュ3人並び床に

  •  3
  •  -

450: リア彼 42

ちょっとした悪戯心で現実とリアルをごっち

  •  1
  •  -

449: リア彼 41

「確かに新築みたいな感じですね。」ふたり

  •  0
  •  -

448: リア彼 40

少し混み始めた車内電車の揺れに合わせてみ

  •  0
  •  -

447: リア彼 39

ふたり寝転びユノの携帯を覗き込む半休貰っ

  •  0
  •  -

446: リア彼 38

「それ、わかる。ぬかるんだ道とか歩くと気

  •  1
  •  -

445: リア彼 37

お盆の帰省ラッシュも始まりましたね。みな

  •  1
  •  -

444: リア彼 36

車窓から見える空は厚く重い色の雲に覆われ

  •  1
  •  -

443: リア彼 35

パトラッシュと息切らしながら帰って来たあ

  •  2
  •  -

442: リア彼 34

( ゚д゚)リグレットが予防接種ですよー。と

  •  0
  •  -

441: リア彼 33

あー、やっぱり昨日のは減るよねー拍手減っ

  •  0
  •  -

440: リア彼 32

ある意味、問題な回かもねー←え「シロちゃ

  •  1
  •  -

439: リア彼 31

いつもより2割り増しくらいの尻尾の揺れ右

  •  2
  •  -

438: リア彼 30

悩んだり不安になったりするのはそんなのは

  •  0
  •  -

437: リア彼 29

茹だるような暑さそれでも少し見えたおまえ

  •  2
  •  -

436: リア彼 28

暑中お見舞い申し上げます。熱せられたフラ

  •  0
  •  -

435: リア彼 27

僕はなにを怖がってるんだろう…この人とい

  •  1
  •  -

434: リア彼 26

「美味かったな?」「ですね。さすが高級肉

  •  1
  •  -

433: リア彼 25

「…ここはいいから、風呂入ってこいよ。」

  •  0
  •  -

432: リア彼 24

「ちょ、ユノさん貸して?あ、すいません。

  •  1
  •  -

431: リア彼 23

こんな時は車があればカッコつくのにとか思

  •  2
  •  -

430: リア彼 22

荷造り紐を何本か合わせて編み簡易の物干し

  •  2
  •  -

429: リア彼 21

俺が愛してるって言うだけでナカがクッと絞

  •  0
  •  -

428: リア彼 20

R18的な?魂を食べ合い貪り合うようなキス

  •  0
  •  -

427: リア彼 19

台風接近中だね!上陸は嫌だよーー!今週は

  •  2
  •  -

426: リア彼 18

「…な簡単に……っとか……、でくださぃ…」こん

  •  0
  •  -

425: リア彼 17

「なに、ゲームやってんのか?」「あぁ、ち

  •  1
  •  -

424: リア彼 16

ほんのりと色づいて饒舌になっていくチャン

  •  1
  •  -

423: リア彼 15

さっきから俺は天井ばかり見てて首が痛いラ

  •  2
  •  -

422: リア彼 14

昨日は僕猫の自己満に付き合ってくれてあり

  •  0
  •  -

421: 逢いたくて SS2 お誕生日おめ♪

さぁ、突然やってきました。はい、知る人ぞ

  •  0
  •  -

420: リア彼 13

汚れたスーツの入った紙袋が俺の左側で揺れ

  •  1
  •  -

419: リア彼 12

すっごくねみーの(つД`)ノ今だったらぶっ通

  •  1
  •  -

418: リア彼 11

暑いと辛いの食べたくならない?スンドゥブ

  •  2
  •  -

417: リア彼 10

あー、こない暑くて真夏はどうなるんだろね

  •  4
  •  -

416: リア彼 9

今日も暑いですね…頭が回らない…←脳が溶け

  •  3
  •  -

415: リア彼 8

凄い猛暑日だよ!熱中症対策は万全にね!塩

  •  1
  •  -

414: リア彼 7

あ、みんなの予想は当たるかな?そして僕猫

  •  5
  •  -

413: リア彼 6

今日は暑いねこの高地でも暑いんだからみん

  •  1
  •  -

412: リア彼 5

綺麗に包装された箱は僕の家族への手土産の

  •  2
  •  -

411: リア彼 4

「四郎さん!シローさーん!」僕に向かって

  •  1
  •  -

410: リア彼 3

ポイントが貰えるからなんて理由で彼女に入

  •  1
  •  -

409: リア彼 2

みんな予想楽しんでる?ふふ(〃ω〃)sironek

  •  2
  •  -

407: リア彼 1

「男の人、…、だったんだな…」「みんなには

  •  4
  •  -

408: 音〜のあとがき♪

たくさんの拍手、コメントに支えられ無事完

  •  2
  •  -

406: 音 88 last story

末広がり〜(*≧∀≦*)8の日に88でend♡未来永劫

  •  8
  •  -

405: 音 87

R変態18(僕猫基準)最後っていうか、明日が

  •  2
  •  -

404: 音 86

はちじゅうろく?(=^▽^)σさてもうそろそろ…

  •  2
  •  -

403: 音 85

不協和音は…額からポトリ、ポトリ、と落ち

  •  0
  •  -

402: 音 84

そうは問屋が…おろさな…前から住んでいたよ

  •  1
  •  -

401: 音 83

今日は短い( ゚д゚)微R18(僕猫基準)流れ出し

  •  2
  •  -

400: 音 82

ちょいちょいこういうのを挟んでますが…カ

  •  4
  •  -

399: 音 81

微Rチック?たいしたことないよー眠ってる

  •  5
  •  -

398: 音 80

自分がここまで追い詰めてたのか、と青白い

  •  2
  •  -

397: 音 79

身体が揺れるような感覚その振動は温かくて

  •  2
  •  -

396: 音 78

降って湧いてきた思ってもいなかった幸運人

  •  2
  •  -

395: 音 77

お、ラッキー7×2←おいおい、iPhoneだと1に

  •  4
  •  -

394: 音 76

俺らはまだお互いにハマり過ぎてて色んなも

  •  2
  •  -

393: 音 75

R18どうかなー。ユノの瞳は僕を熱くさせる

  •  1
  •  -

392: 音 74

R?いや…、お銀タイム程度←こうもんしゃま

  •  2
  •  -

391: 音 73

時計の針が進むばっかでチャンミンが来ない

  •  2
  •  -

390: 音 72

だよね〜、と、昨日のコメ読みました。さぁ

  •  1
  •  -

389: 音 71

長い長いな「音」あぁ、ってなるかな?みん

  •  3
  •  -

388: 音 70

微R18、ほんのちょっとだけ←僕猫基準ふふ、

  •  4
  •  -

387: 音 69

…こんな場所で、って思うのにチャンミンの

  •  3
  •  -

386: 音 68

光を背負い微笑みなにかに頷き僕の名を呼ぶ

  •  2
  •  -

385: 音 67

光る水粒大きな音立てて上がる飛沫岩の上か

  •  1
  •  -

384: 音 66

マジマジと俺を見てボソっと呟く声に体に力

  •  4
  •  -

383: 音 65

友達と遊ぶって感覚を取り戻すのに神経を使

  •  1
  •  -

382: 音 64

満天の星空それこそ星が降ってくるみたいな

  •  2
  •  -

381: 音 63

同棲。…かぁ今は大学も休みで、課題はある

  •  3
  •  -

380: 音 62

新しい携帯の待ち受け画面にはチャンミンと

  •  2
  •  -

379: 音 61

ない知恵絞って考えて良い案だ!と思ったの

  •  1
  •  -

378: 落ちる、堕ちる

あ、ランキングも拍手も落ちてた((((;゚Д゚)

  •  1
  •  -

377: 69

【ストロベリームーン 1周年企画】リクエス

  •  3
  •  -

376: その唇に愛を 2

自分のホテルの部屋ベルを押しドアが開くの

  •  4
  •  -

375: その唇に愛を 1

【開設1周年記念☆★☆リクエスト企画】みんな

  •  1
  •  -

374: 音 60

思わず顔がほころぶカウンタ―横のテーブル

  •  4
  •  -

373: 音 59

俺、もうチャンミン無しでは生きてけねぇな

  •  6
  •  -

372: 音 58

不完全燃焼なR18?なんか…なんだ?ゆのに入

  •  1
  •  -

371: 音 57

R18なのかな?程度←僕猫謝りますチャンミン

  •  2
  •  -

370: 音 56

まぁまぁなR18←僕猫基準誘うようにカラダを

  •  1
  •  -

369: 音 55

R18っぽい、ちょろっとだけ…ごめん。「んぁ

  •  1
  •  -

368: 音 54

「…いつか絶対に、潰します。」そう言った

  •  3
  •  -

367: 音 53

真っ暗な携帯を見つめ、どうしようかと頭を

  •  3
  •  -

366: 音 52

あの頃ちゃんと怖がらずに向かい合えてたら

  •  4
  •  -

365: 音 51

…この着信音はチャンミンの、俺が尻ポケッ

  •  1
  •  -

364: 音 50

「…さっきは、駅ではごめん、な。」「あぁ

  •  2
  •  -

363: 音 49

チャンミンは何も聞かずに俺の隣にい続ける

  •  6
  •  -

362: 音 48

「大丈夫でした?」大丈夫だって、大丈夫…

  •  6
  •  -

361: 音 47

こんなに大人数での移動久しぶりでドキドキ

  •  6
  •  -

360: 音 46

外が騒がしい、人が笑いあう声、窓を軽く叩

  •  8
  •  -

359: 音 45

なぜかチャンミンに謝られて、笑った。…笑

  •  13
  •  -

358: 音 44

一応、R18?表現的に(と言ったらいつも必要

  •  10
  •  -

357: 音 43

R18だよ。とにかく、とにかく、難しかった←

  •  10
  •  -

356: 音 42

R18だよ。のんびりだけど、キワドイ、かな

  •  4
  •  -

355: 音 41

ユノが言った意味それがなにを意味してるか

  •  4
  •  -

354: 【僕猫節】70000拍手御礼♡

みなさんおはよう!僕猫です(о´∀`о)70000拍

  •  16
  •  -

353: 音 40

うーん。というようなR18です。あ、僕猫ワ

  •  4
  •  -

352: 音 39

たいしたことないR18←えただ…ストー◯ーにな

  •  11
  •  -

351: 音 38

売り上げに貢献したからってあいつらに貰っ

  •  6
  •  -

350: 音 37

それは俺が夢にまで見た光景空いてたひとつ

  •  4
  •  -

349: 音 36

提灯にあかりがともり始め、行き交う人も昼

  •  9
  •  -

348: 音 35

揃いの浴衣を着付けるって言って聞かないお

  •  5
  •  -

347: 音 34

「今日は泊まっていけばいいじゃない。その

  •  4
  •  -

346: 音 33

‘すいません。30分くらい遅れそうです。’そ

  •  12
  •  -

345: 音 32

はぁ、と、さっきから溜息が止まらない。も

  •  8
  •  -

344: 音 31

日常を忘れてしまいたくなるほどチャンミン

  •  10
  •  -

343: 音 30

恋人同士になったはずなのに、店でのチャン

  •  4
  •  -

342: 音 29

「あれ?チャンミン、寝不足か?」男どもの

  •  4
  •  -

341: 音 28

※多分、微エロい(´∀`=)色々よろしくなのだ

  •  6
  •  -

340: 音 27

抱き寄せれば甘えてくるように鼻筋の通った

  •  6
  •  -

339: 音 26

※びエロん暑い、熱い…、あついベッドサイド

  •  3
  •  -

338: 音 25

リビングに寄ると、冷蔵庫を開けて「シム」

  •  2
  •  -

337: 音 24

「僕らで遊ぶの、禁止ですからね。やっと死

  •  4
  •  -

336: 音 23

磨りガラスの引き戸を引けば、少し鉄臭いよ

  •  6
  •  -

335: 音 22

「ユノヒョン、タイミングっすよ?」って…

  •  6
  •  -

334: 音 21

チャンミンの部屋は相変わらず整理整頓され

  •  6
  •  -

333: 音 20

…いつ、どこで、どんな風に告白しようか。

  •  4
  •  -

332: 音 19

アプリのバッチが1を示す。チャンミンが予

  •  4
  •  -

331: 音 18

小言は言ってもここまで怒るってことは…な

  •  2
  •  -

330: 音 17

夏祭り…か、頭過ぎるものは苦く、心を揺さ

  •  4
  •  -

329: 音 16

唇から伝わってくるあなたの…音は僕の好き

  •  4
  •  -

328: 音 15

あれからチャンミンは何も変わらない。笑っ

  •  6
  •  -

327: 音 14

「片付け上手なのね。」突然、後ろから声が

  •  4
  •  -

326: 音 13

「気をつけて帰れよ?」僕の気持ちに全く気

  •  10
  •  -

325: 60000拍手御礼 お話じゃなく僕猫節

みなさん。60000拍手おめでとうございます♡

  •  4
  •  -

324: 音 12

「ったく、何か着てくださいって言ってるで

  •  8
  •  -

323: 音 11

倉庫の中を隈なく探す…チャンミンが「キモ

  •  6
  •  -

322: 音 10

軽快な曲が波音のように聞こえてくる近くな

  •  6
  •  -

321: 音 9

明かり漏れてたチャンミンの部屋「あぁ、も

  •  8
  •  -

320: 音 8

自然と店に足を向け並び歩く。俺の奢りだっ

  •  6
  •  -

319: 音 7

「結構、濡れちゃいましたね。」結構…、っ

  •  6
  •  -

318: 音 6

トタン屋根をバチで叩くような雨音に目を覚

  •  9
  •  -

317: 音 5

「はじめまして。バイトのシム・チャンミン

  •  2
  •  -

316: 音 4

「バイトくん。馴染んでるねぇ。」バンド練

  •  2
  •  -

315: 音 3

開店前の薄暗い店内にカチっカチっ、とモッ

  •  4
  •  -

314: 音 2

マジマジと見つめる。やっぱりこの人は僕の

  •  4
  •  -

312: 後悔なんて…な、あとがき(注意:僕猫節)

読むのが疲れるという噂の(←噂?w)リグレッ

  •  8
  •  -

313: 音 1

扉が開くたびに可愛いらしい無垢なこどもた

  •  9
  •  -

311: リグレット last story

微R18「ユノ、朝だよ。起きて。」そう言い

  •  8
  •  -

310: リグレット 44

「ユリちゃんに当たらないで!」車椅子が倒

  •  2
  •  -

309: リグレット 43

人それぞれに違うことを言う人は見たいもの

  •  2
  •  -

308: リグレット 42

絡みつく視線奪い跪かせるはずのものを寄越

  •  4
  •  -

307: リグレット 41

テグの葬儀呆気なく散り箱に横たわる何も語

  •  0
  •  -

306: リグレット 40

「僕はユノかチャンミンにしか託さない。絶

  •  6
  •  -

305: リグレット 39

背中を見つめ続ける。広く逞しい背中守られ

  •  0
  •  -

304: リグレット 38

親父だったとわかったジンの話は俺は納得出

  •  2
  •  -

303: リグレット 37

手を合わせ、香炉を動かしカロートを開ける

  •  0
  •  -

302: リグレット 36

「信じらんねぇ。墓地前でそんなことするな

  •  0
  •  -

301: リグレット 35

タクシーを走らせる先は岬「無理だけはしな

  •  0
  •  -

300: リグレット 34

「…まだあの場所に行ったりすんのか?」「…

  •  0
  •  -

299: リグレット 33

耳をつんざくような音が鳴り響き続け身体に

  •  0
  •  -

298: リグレット 32

駐車場に停めてた車には乗らず、タクシーを

  •  2
  •  -

297: リグレット 31

心の中をユノに吐き出していく優しく抱かれ

  •  2
  •  -

296: リグレット 30

本当にありがとう♡幸せ者で幸せ者で…頑張る

  •  0
  •  -

295: リグレット 29

R18だけの僕猫誕生日初めて言葉に出してユ

  •  14
  •  -

294: リグレット 28

シウォンさんと話した後のユノは考えこむよ

  •  4
  •  -

293: リグレット 27

「うちの株の証書とあの会社の証書俺が勝ち

  •  4
  •  -

292: リグレット 26

背中擽られるような音が響くシャリっ、シャ

  •  4
  •  -

291: リグレット 25

「テミナだぁ」「りんがくれお、おったのぉ

  •  4
  •  -

290: リグレット 24

「花見でもしませんか?ユノさん。手土産は

  •  2
  •  -

289: リグレット 23

朝を知らせる暁鐘の音ここは…時が止まった

  •  4
  •  -

288: リグレット 22

玄関のベルが鳴り、携帯を確認する。最近、

  •  10
  •  -

287: リグレット 21

張りつめてた糸がプツリと切れたように、緊

  •  4
  •  -

286: リグレット 20

あたたかい空気に包まれてる俺とふたりきり

  •  6
  •  -

285: リグレット 19

ノックと共に開かれる扉いつになっても慣れ

  •  2
  •  -

284: リグレット 18

腕の中からすり抜け、ずり落ちそうになって

  •  4
  •  -

283: リグレット 17

さっき作り途中だったチヂミは変な状態のカ

  •  2
  •  -

282: リグレット 16

いつもそうだひとつとして抵抗することなく

  •  2
  •  -

281: リグレット 15

「チャンミン」とあなたの唇は俺の名を紡い

  •  2
  •  -

280: リグレット 14

なにか歯車が狂い始めてる俺の意図しない方

  •  6
  •  -

279: リグレット 13

「…ん、」微かな吐息に指を引き、その指で

  •  4
  •  -

278: リグレット 12

後部座席に座って外に目をやるチャンミンを

  •  2
  •  -

277: リグレット 11

「…迎えに来たぞ。」その声は忘れもしない

  •  2
  •  -

276: リグレット 10

「なんで黙ってたんだよ。ヒョン。」「チャ

  •  2
  •  -

275: リグレット 9

「チャンミンをどこに隠したんだ?借金もア

  •  6
  •  -

274: 恋アマ桃 SS 桃の節句

【多分もうすぐ50000拍手です。ありがとう

  •  6
  •  -

273: リグレット 8

毎日のようにひとときの嘘の愛を囁き快楽と

  •  2
  •  -

272: リグレット 7

エレベーターが閉じていく、その先にチラリ

  •  2
  •  -

271: リグレット 6

散々抱き潰して目覚めた朝は、携帯のアラー

  •  4
  •  -

270: リグレット 5

R18今日は…多分、大丈夫、かな?【追記】あ

  •  6
  •  -

269: リグレット 4

※R18エグいといえばエグいです。僕猫は痛い

  •  8
  •  -

268: リグレット 3

数分も経たないうちに開かれた重い扉凪いだ

  •  6
  •  -

267: リグレット 2

「酒くらい頼めよ。」年下のくせに生意気な

  •  8
  •  -

266: リグレット 1

「あんたのこと、好きなんだと思うんですよ

  •  2
  •  -

265: 恋アマ、ありがとうございました

最後までお付き合いありがとうございました

  •  6
  •  -

264: 恋アマ苺 last story

恋アマ桃の後です。R18大丈夫な方だけ「ゆ

  •  2
  •  -

263: 恋アマ桃 last story

「本気でプロ目指すんなら、一本に絞った方

  •  4
  •  -

262: 恋アマ桃 5

「めっちゃ、気持ちいいなぁ。」って、髪を

  •  4
  •  -

261: 恋アマ桃 4

狭いベッド、横にはユノ火照った肌、荒かっ

  •  2
  •  -

260: 恋アマ桃 3

※どっぷりR18です。ご注意ください。↓大丈

  •  2
  •  -

259: 恋アマ桃 2

物音もしない隣の部屋…出張っていつまでだ

  •  2
  •  -

258: 恋アマ桃 1

※恋アマ苺の続きチャンミンサイドですキョ

  •  2
  •  -

257: 恋アマ苺 15

「やっぱりユノさんか…」って、なんでコイ

  •  2
  •  -

256: 恋アマ苺 14

微R18「やっぱ、妬ける…」そう言いながら、

  •  4
  •  -

255: 恋アマ苺 13

シャワーを浴び丹念に洗う。特に足の指の間

  •  2
  •  -

254: 恋アマ苺 12

「俺、あんたのこと好きだよ?」そう言って

  •  2
  •  -

253: 恋アマ苺 11

何を考えてんだか…不可解玄関外、ドアノブ

  •  4
  •  -

252: 恋アマ苺 10

この壁の向こうにはチャンミンのベッドがあ

  •  4
  •  -

251: 恋アマ苺 9

鼠色のスウェットにふわふわになった髪…の

  •  6
  •  -

250: 恋アマ苺 8

本当に俺ってどうしようもない。なんてこっ

  •  2
  •  -

249: 恋アマ苺 7

俺の記憶が確かならば…というか微かな記憶

  •  2
  •  -

248: 恋アマ苺 6

R18「スーツのまんま寝たら皺になんだろ?

  •  7
  •  -

247: 恋アマ苺 5

買ってきたゴミ袋にキッチンで山積みになっ

  •  2
  •  -

246: 恋アマ苺 4

「ユノって俺の指、…好きっしょ。」そう言

  •  2
  •  -

245: 恋アマ苺 3

曇ったガラステーブルの上には山盛り吸い殻

  •  8
  •  -

244: 恋アマ苺 2

今度は携帯がない。とか、俺って本当にどう

  •  6
  •  -

243: 恋アマ苺 1

理想の恋は甘く優しく囁きあうような恋理想

  •  2
  •  -

242: ココハナ繋がる

最後までお付き合い頂きありがとうございま

  •  10
  •  -

241: 話はここから繋がる ー After about two years story ー Changmin

チェストの上には僕の…「おい!ブチこ!そ

  •  12
  •  -

240: 話はここから繋がる ー After about two years story ー Yunho

「なぁ、きなこぉ…、チャンミン遅いね?」

  •  4
  •  -

239: 話はここから繋がる 29

それからの僕は色んな手続きや交渉ごとユノ

  •  6
  •  -

238: 話はここから繋がる 28

ユノの案内で大学から徒歩20分雪が降る中、

  •  6
  •  -

237: 話はここから繋がる 27

僕がどんな攻撃を仕掛けても口を割らなかっ

  •  0
  •  -

236: 話はここから繋がる 26

※びR18思わず声が出そうになって息を飲みこ

  •  6
  •  -

235: 話はここから繋がる 25

「じゃ、ユノくんたちを送っていきますか。

  •  4
  •  -

234: 話はここから繋がる 24

ここまでする必要があるのか?待ち伏せして

  •  6
  •  -

233: 話はここから繋がる 23

どんな理由があるにせよ駄目だ。こんなこと

  •  2
  •  -

232: 話はここから繋がる 22

冬休みのバイト4連荘が無事済み講義も始ま

  •  2
  •  -

231: 話はここから繋がる 21

食器を洗うユノの後ろ姿をソファに横になり

  •  4
  •  -

230: 話はここから繋がる 20

なんか…、疲れたな。見上げるベランダには

  •  4
  •  -

229: 話はここから繋がる19

どうなってんだ?この状況…、「少し休む。

  •  2
  •  -

228: 話はここから繋がる 18

『すぐ教授室に来い』切羽詰まったようなア

  •  2
  •  -

227: 話はここから繋がる 17

シーツ類を洗濯して干し食器を片付けて用意

  •  2
  •  -

226: 話はここから繋がる 16

日常が戻ってくる。朝起きてカーテンを開け

  •  0
  •  -

225: 話はここから繋がる 15

テーブルに残った鍋を片付ける。今日はモツ

  •  2
  •  -

224: 話はここから繋がる 14

水と油だって思っていたのに、案外合うもん

  •  4
  •  -

223: 話はここから繋がる 13

無音な時間が流れてるけど、苦痛じゃないワ

  •  6
  •  -

222: 話はここから繋がる 12

ふわふわっとした鍋パーティー食って飲んで

  •  2
  •  -

221: 話はここから繋がる 11

テーブルの上の鍋は地獄の釜さながらに赤々

  •  6
  •  -

220: 話はここから繋がる 10

肩で息をしなきゃ呼吸が苦しい酸素が………、

  •  2
  •  -

219: 話はここから繋がる 9

※R18まるっと大丈夫な方のみお進み下さい。

  •  4
  •  -

218: 話はここから繋がる 8

視線を感じて目を開ける。……?抱きしめ合っ

  •  0
  •  -

217: 話はここから繋がる 7

『ばっかじゃないんですか?床がびしょ濡れ

  •  2
  •  -

216: 話はここから繋がる 6

「ユノ、布団出すの手伝って貰えますか?」

  •  4
  •  -

215: 話はここから繋がる 5

ユノに聞きたいことがあったのにそれどころ

  •  2
  •  -

214: 話はここから繋がる 4

隣の部屋からチャンミンの焦ったような声が

  •  4
  •  -

213: 話はここから繋がる 3

元日は家族孝行そう決めたのに僕は少し寂し

  •  4
  •  -

212: 話はここから繋がる 2

昨日の夜はどんちゃん騒ぎで、って主に俺の

  •  12
  •  -

211: 話はここから繋がる 1

季節はあっという間に過ぎ去っていくユノの

  •  8
  •  -

210: ゆっくりと 聖夜

カサっと時折、紙が擦れる音僕のビールの缶

  •  2
  •  -

209: 俺の愛 Second #6

ドアを壊す勢いで叩き続ける大声でチャンミ

  •  2
  •  -

208: 俺の愛 Second #5

車を降りる時には手を差し伸べられる指輪を

  •  0
  •  -

207: 俺の愛 Second #4

『もしもし?』〔チャンミン、、俺だけど……

  •  2
  •  -

206: 俺の愛 Second #3

『ユノ、早く着替えてください。』冷静なチ

  •  4
  •  -

205: 俺の愛 Second #2

一緒に居られないことに焦りを感じてた俺の

  •  0
  •  -

203: 俺の愛 Second #1

チャンミンと再び暮らし始めて半年が過ぎた

  •  2
  •  -

202: 嫌われる覚悟はできたか クリスマス SS5

※モデルになってる場所、エピソードではあ

  •  4
  •  -

201: 嫌われる覚悟はできたか クリスマスSS4

※R18チャンミナの熱を感じる。俺がどんなに

  •  2
  •  -

200: 嫌われる覚悟はできたか クリスマス SS3

※R18です。大丈夫な方だけお進みください。

  •  2
  •  -

199: 嫌われる覚悟はできたか クリスマス SS2

※脳内日本風場所でありますが、固有の地域

  •  4
  •  -

198: クリスマスお話のお知らせ(追記あり)

こんばんは(*´꒳`*)僕猫です。今日はいきな

  •  4
  •  -

197: 嫌われる覚悟はできたか クリスマス SS1

フライングクリスマス♡〜After X years〜ユ

  •  6
  •  -

196: 逢いたくて 〜After 6 months

お待たせしてる(?)僕猫です(^人^)単発更

  •  11
  •  -

195: クリスマスには

みなさんお元気ですか?僕猫です。おやすみ

  •  14
  •  -

194: 暫しの別れ

みなさん。こんにちは╰(*´︶`*)╯僕猫です♡

  •  20
  •  -

193: 我はわれ也 last story…but …

昼過ぎにキッチンへと上がる。ユノはまだ夢

  •  9
  •  -

192: 我はわれ也 51

※R18です。大丈夫な方のみお進みください。

  •  2
  •  -

191: 我はわれ也 50

2階に上がる2人の後に続くそんな僕に「明日

  •  4
  •  -

190: 我はわれ也 49

カレンダーに付いてる丸印僕は何のことか気

  •  10
  •  -

189: 我はわれ也 48

離れていることがもどかしくて、リフォーム

  •  6
  •  -

188: 我はわれ也 47

あれから1か月も経たないうちにチャンミン

  •  0
  •  -

187: 我はわれ也 46

顔を真っ赤にさせながら、僕との出会い、僕

  •  4
  •  -

186: 我はわれ也 45

※お話はお話と割り切れる方のみお進みくだ

  •  2
  •  -

185: 【33333拍手御礼】ゲーム

「傘」の続編です。R18…ですね。相当僕猫病

  •  4
  •  -

184: 我はわれ也 44

キリ番を無事迎えられました♡みなさん、あ

  •  0
  •  -

183: 我はわれ也 43

※お話はお話と割り切れる方だけお進みくだ

  •  6
  •  -

182: 我はわれ也 42

※お話だと割り切れる方だけお進みください

  •  4
  •  -

181: 我はわれ也 41

※またダークゾーンへの入口です。病名は出

  •  9
  •  -

180: 我はわれ也 40

キュヒョンがずっと何か言ってる。けど僕は

  •  0
  •  -

179: 我はわれ也 39

「リフォームしたの?」キュヒョンの視線の

  •  2
  •  -

178: 我はわれ也 38

あと30分くらい、かな…時計の針は僕たちの

  •  0
  •  -

177: 我はわれ也 37

R18です。大丈夫な方はどうぞ(。・ω・。)それほ

  •  0
  •  -

176: 我はわれ也 36

鏡に映った自分の姿を満足気に見つめるユノ

  •  0
  •  -

175: 我はわれ也 35

自制、という言葉が僕の中からなくなったか

  •  2
  •  -

174: 我はわれ也 34

R18です。大丈夫な方だけどうぞd( ̄  ̄)「

  •  2
  •  -

173: 我はわれ也 33

※R18です。ダメな方は、回れ右でよろしくお

  •  4
  •  -

172: 我はわれ也 32

微?R18?絡め合う舌を止められない。2人

  •  2
  •  -

171: 我はわれ也 31

※R18 ほのかな…エロん?エロんじゃないか…

  •  4
  •  -

170: ゆっくりと 2/2

やっぱり僕猫少し病んでます←ぷ外身の人が

  •  4
  •  -

169: ゆっくりと 1/2

( ・∇・)いつもコメント頂く方からのお題で

  •  2
  •  -

168: 我はわれ也 30

パソコンに向かうと周りが見えなくなる。ド

  •  4
  •  -

167: 我はわれ也 29

久しぶりに寝たって感じがする。寝すぎて体

  •  4
  •  -

166: 我はわれ也 28

僕が差し出した写真を1枚1枚めくる。数枚を

  •  6
  •  -

165: 我はわれ也 27

壁の傷を指でなぞる。そんなユノの姿を見て

  •  4
  •  -

164: 我はわれ也 26

僕の家の異変はすぐにバレて視線で僕に問う

  •  2
  •  -

163: 我はわれ也 25

ユノさんを家に招くってことは、あの壁の傷

  •  2
  •  -

162: 我はわれ也 24

ホテルのロビーに着くと上質なスーツに身を

  •  2
  •  -

161: 我はわれ也 23

時計を見ると8時半を過ぎた頃言ってた通り

  •  6
  •  -

160: 我はわれ也 22

「話があるのなら、外で聞きます。」と言っ

  •  4
  •  -

159: 我はわれ也 21

この数日、僕も疲れきった。匿名の手紙、‘

  •  2
  •  -

158: 我はわれ也 20

ユノさんに腕を掴まれて帰ってきたテミンは

  •  4
  •  -

157: 我はわれ也 19

「っ、テミナっ!」テミンが外のベンチに座

  •  6
  •  -

156: 我はわれ也 18

珈琲メーカーをセットしてから、パソコンを

  •  8
  •  -

155: 我はわれ也 17

俺がちょっと動くと毛布が柔らかく動くそれ

  •  4
  •  -

154: 我はわれ也 16

…僕が男を抱きしめて目が覚める日が来ると

  •  2
  •  -

153: 我はわれ也 15

ユノさんが話してくれたことは、自分だった

  •  8
  •  -

152: 我はわれ也 14

あー。なんでそんなに真っ赤なんですかね?

  •  6
  •  -

151: 我はわれ也 13

「なんで、チャンミン…」「お昼を買いに。

  •  4
  •  -

150: 我はわれ也 12

5件中3件はすぐに返信が来た。IPアドレスは

  •  2
  •  -

149: 我はわれ也 11

ユノさんが人を壊すようなことをしたり、愛

  •  6
  •  -

148: 我はわれ也 10

ちゃんと横になったら話す、と言うから、ベ

  •  2
  •  -

147: 我はわれ也 9

僕の携帯、仕事部屋か…仕事上の連絡が入っ

  •  2
  •  -

146: 我はわれ也 8

僕の悪い癖が出た、ごめん…あれから、ドン

  •  4
  •  -

145: 我はわれ也 7

新たな仕事が舞い込むほど、世の中そんなに

  •  2
  •  -

144: 我はわれ也 6

「少し寄りませんか?お茶くらいなら…」自

  •  2
  •  -

143: 我はわれ也 5

「それじゃ、約束通りに。」眠ってる人を起

  •  5
  •  -

142: 我はわれ也 4

「お待ち頂いてありがとうございます。代表

  •  7
  •  -

141: 我はわれ也 3

居心地が悪い。本当に悪い。こうやって平謝

  •  6
  •  -

140: 我はわれ也 2

停留所を降りたら徒歩35分の依頼主のオフィ

  •  6
  •  -

139: 我はわれ也 1

僕が身勝手なわけないでしょ。きちんとその

  •  4
  •  -

138: あとがきとか愛の叫びとか次のお話のこととか

まずはみなさん最後までお付き合いいただき

  •  2
  •  -

137: 話はここから絡まる ー After about a year story ー

‘今から出ます。’LINEに記された時間は30分

  •  8
  •  -

136: 話はここから絡まる 53

…ちゃんと笑いあえてましたよね。僕たち四

  •  4
  •  -

135: 話はここから絡まる 52

微R18…多分大丈夫な方だけどうぞ(。・ω・。)ア

  •  2
  •  -

134: 話はここから絡まる 51

R18です。大丈夫な方だけお進みください。

  •  2
  •  -

133: 話はここから絡まる 50

R18です(●´ω`●)大丈夫な方のみお進みくだ

  •  2
  •  -

132: 話はここから絡まる 49

風呂場に入ると、チャンミンは既に浴槽に浸

  •  2
  •  -

131: 話はここから絡まる 48

まだいんのかな?キュヒョン2人っきりで会

  •  2
  •  -

130: 話はここから絡まる 47

明日、チャンミンが渡米ユノが離さねぇかな

  •  4
  •  -

129: 話はここから絡まる 46

R18(。・ω・。)大丈夫な方だけどうぞ。1日1日が

  •  6
  •  -

128: 話はここから絡まる 45

「目のふちが赤くなってる。」伸びてくる手

  •  2
  •  -

127: 【20000拍手御礼】 傘

信号待ち赤で並んで止まる。駅から伸びるこ

  •  8
  •  -

126: 話はここから絡まる 44

R18です(//∇//)多分、きっと(//∇//)結構な

  •  6
  •  -

125: 話はここから絡まる 43

駅とは違う方向チャンミンが地図アプリを開

  •  2
  •  -

124: 話はここから絡まる 42

それ以上近付くなよ。チャンミンも何をそん

  •  4
  •  -

123: 話はここから絡まる 41

改札口、出てくる人波の中のチャンミンを見

  •  2
  •  -

122: 話はここから絡まる 40

ベルを押す手が震える。電話では、今日来る

  •  6
  •  -

121: 話はここから絡まる 39

昼前から入道雲がせり出し、一気に空を覆い

  •  2
  •  -

120: 話はここから絡まる 38

2人並んで海を眺める。体を寄せ合って、ポ

  •  6
  •  -

119: 話はここから絡まる 37

また隣で寝ちゃった。子どもみたい。話して

  •  4
  •  -

118: 話はここから絡まる 36

チャンミンが飯無しってヨーグルトとオレン

  •  4
  •  -

117: 話はここから絡まる 35

ソファに沈み込んでく身体が地面にめり込ん

  •  2
  •  -

116: 話はここから絡まる 34

結局、俺の独占欲は、チャンミンを抱き潰す

  •  2
  •  -

115: 話はここから絡まる 33

☆R18バリバリです(//∇//)ダメな方は回れ右

  •  5
  •  -

114: 話はここから絡まる 32

微R18?(//∇//)時折あるチャンミンの激情…

  •  6
  •  -

113: 話はここから絡まる 31

ユノがどういうユノか…なんて僕が1番分かっ

  •  7
  •  -

112: 話はここから絡まる 30

「ユノ、休憩終了だぞ?で、チャンミンとキ

  •  5
  •  -

111: 話はここから絡まる 29

暑い日が続いて、みんな薄着キュヒョンなん

  •  4
  •  -

110: 話はここから絡まる 28

「…ユノさん。そんなに嬉しいんですか?顔

  •  5
  •  -

109: 話はここから絡まる 27

焼き上がるのを待つ間、珈琲が振る舞われた

  •  12
  •  -

108: 話はここから絡まる 26

「チャンミン起きれる?」今日デートしよう

  •  13
  •  -

107: 話はここから絡まる 25

つい恥ずかしくなってそっけない態度をとる

  •  7
  •  -

106: 話はここから絡まる 24

今日くらいは早く帰りたいけど…店長にバイ

  •  12
  •  -

105: 話はここから絡まる 23

僕の肩にもたれかかって、寝息を立てるユノ

  •  12
  •  -

104: 話はここから絡まる 22

駅までの一本道チャンミンと並んで歩く昨日

  •  7
  •  -

103: 話はここから絡まる 21

何事も無かったように談笑するユノ…けど、

  •  9
  •  -

102: 話はここから絡まる 20

朝起きて1階に降りる久しぶりに帰った僕を

  •  6
  •  -

101: 話はここから絡まる 19

電車が停車するたび扉が開くたび生暖かい風

  •  1
  •  -

100: 話はここから絡まる 18

「え?僕が…ですか?」教務課からの呼び出

  •  1
  •  -

99: 話はここから絡まる 17

チャンミンに留学の話がいったって、教授が

  •  2
  •  -

98: 話はここから絡まる 16

勇気を出してドアを叩くコンコンコン…と乾

  •  2
  •  -

97: 話はここから絡まる 15

帰り道を急ぐチャンミンが待っててくれるっ

  •  2
  •  -

96: 話はここから絡まる 14

ソファで横になりながら、思考に身を委ねる

  •  1
  •  -

95: 話はここから絡まる 13

「お。ユノ。あれ?チャンミンは?」キュヒ

  •  1
  •  -

94: 話はここから絡まる 12

目が覚めると、身体中が痛い。痛いだけじゃ

  •  2
  •  -

93: 話はここから絡まる 11

果てたはずなのに、またすぐにチャンミンを

  •  1
  •  -

92: 話はここから絡まる 10

R18。エロんです。苦手な方は逃げて( ̄Д ̄)

  •  3
  •  -

91: 話はここから絡まる 9

こんなに感情を爆発させてくるチャンミンは

  •  4
  •  -

90: 話はここから絡まる 8

自分の進路をこんなに深く考えたのは初めて

  •  2
  •  -

89: 話はここから絡まる 7

「いいか?チャンミンは、いつも通りに普通

  •  2
  •  -

88: 話はここから絡まる 6

痛いけど、鳩尾が擽られるように感じる…ユ

  •  2
  •  -

87: 話はここから絡まる 5

疲れた。本当に疲れた…けど、ゆっくりなん

  •  1
  •  -

86: 話はここから絡まる 4

ギシっとベッドが軋む音まだ脳内は夢と現実

  •  2
  •  -

85: 話はここから絡まる 3

回想ですが…変態エロん含みます。R18です。

  •  2
  •  -

84: 話はここから絡まる 2

‘もう寝ましたか?’LINEをしても既読になら

  •  2
  •  -

83: 話はここから絡まる 1

話はそこから始まる続編ー 話はここから絡

  •  2
  •  -

82: あとがき

『俺の愛』完結しました。きらきらりさんと

  •  0
  •  -

81: 俺の愛 おまけ♡後編

部屋に着くと、待ちきれずにチャンミンを脱

  •  10
  •  -

80: 俺の愛 おまけの話♡前編

約束通り車を買いにディラーまで来た言い出

  •  0
  •  -

79: 【ホミンホ合同企画ミーアゲ】もしも

もしもチャンミンがトンBLの存在を知ってた

  •  5
  •  -

78: 俺の愛 10 laststory

『あっ、、ご飯どうしますか?』「ん?チャ

  •  0
  •  -

77: 【ホミンホ合同企画ミーアゲ】70%×2

今日チャンミンが帰ってきますね?お二人が

  •  6
  •  -

76: 俺の愛 9

急いで駆け寄ったけど、チャンミンは凄く他

  •  1
  •  -

75: 俺の愛 8

やれることは全てしてきた昨日のリハーサル

  •  2
  •  -

74: 俺の愛 7

電車代を節約する為にバイト仲間に格安で自

  •  5
  •  -

73: 俺の愛 6

水槽の中をぐるぐると魚たちは泳いでる人に

  •  4
  •  -

72: 俺の愛 5

また、食事の誘いのメールが来た〔補欠要員

  •  2
  •  -

71: 俺の愛 4

毎日が楽しかった…けど、苦しくて毎日が幸

  •  2
  •  -

70: 俺の愛 3

結局、早々にチャンミンの家に俺の部屋から

  •  2
  •  -

69: 告知【ホミンホ合同企画ミーアゲ(meeting again )】について。

企画日☆☆☆8月18日企画テーマは「再会」ホミ

  •  3
  •  -

68: 俺の愛 2

どうしてこんなにドキドキすんだろまだちょ

  •  4
  •  -

66: 俺の愛 1

なんで人は恋に堕ちるかなんてきっと誰も答

  •  4
  •  -

67: あとがき&完全体コラボ企画のお知らせ

さて、完結いたしました。最後までお付き合

  •  1
  •  -

65: 話はそこから始まる laststory

※R18です(〃ω〃)最後にエロん♪苦手な方は逃

  •  8
  •  -

64: 話はそこから始まる 17

ユノが見つからない。大学には来てないし、

  •  3
  •  -

61: 話はそこから始まる 16

財布だけポケットにいれると、靴履いて玄関

  •  1
  •  -

63: 話はそこから始まる 15

目の前にいる親友は本当にチャンミンなんだ

  •  2
  •  -

62: 話はそこから始まる 14

「おい!昨日より酷い顔だな。なんだよ。ユ

  •  2
  •  -

60: 話はそこから始まる 13

※R18ですね。うん。多分。←ぷっΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

  •  2
  •  -

59: 話はそこから始まる 12

ユノに送ったLINEが既読にならない。最初は

  •  4
  •  -

58: 話はそこから始まる 11

※R18指定…かな?多分←いつも変態指定の僕猫

  •  2
  •  -

57: 話はそこから始まる 10

俺はバイトに明け暮れた。どうしても欲しか

  •  2
  •  -

56: 話はそこから始まる 9

街並みをゆっくり歩く。そんなこと最近なか

  •  0
  •  -

55: 話はそこから始まる 8

「ぅわっ。何これ。ココ旅館?」いつものよ

  •  0
  •  -

54: 話はそこから始まる 7

あれ?もういない。風呂から出たら、ダイニ

  •  0
  •  -

53: 話はそこから始まる 6

「だーかーらっ。お前はチャンミンにくっつ

  •  2
  •  -

52: 話はそこから始まる 5

「ユノ!起きて!シャワーも浴びてないでし

  •  0
  •  -

51: 話はそこから始まる 4

「ユノ。チャンミンどこにいるか知らねぇ?

  •  1
  •  -

50: 話はそこから始まる 3

「ユノ!今日1限目からでしょ!」優しいキ

  •  2
  •  -

49: 話はそこから始まる 2

いつもの時間に電車に乗り込めば、いつもの

  •  3
  •  -

48: 話はそこから始まる 1

大学に通い始めて半年通勤通学に1時間くら

  •  2
  •  -

47: 次のお話とチャンミンおかえりなさい!完全体企画♪

みなさんいつもボケ猫僕猫にお付き合い頂き

  •  4
  •  -

46: 逢いたくて 3/3 laststory

ヒチョリヒョンから、あれからもたまにチョ

  •  12
  •  -

45: 逢いたくて 2/3

※こんなエロんでごめんなさいっていうエロ

  •  1
  •  -

44: 逢いたくて 1/3

外回り挨拶から帰って来て、止まらない汗を

  •  2
  •  -

43: あとがき(らしきもの)と今日からのお話について、と

まずは、最後まで読んでいただきありがとう

  •  5
  •  -

42: 嫌われる覚悟はできたか laststory

チャンミナがくるくる動きまわって洗濯物を

  •  7
  •  -

41: 嫌われる覚悟はできたか 39

※ほのかじゃない(?)エロんはいってます。

  •  0
  •  -

40: 嫌われる覚悟はできたか 38

※僕猫渾身の(?)0.5エロんです(//∇//)←照れ

  •  0
  •  -

39: 嫌われる覚悟はできたか 37

※うっすら(かなぁ?)わちゃいちゃエロんで

  •  0
  •  -

38: 嫌われる覚悟はできたか 36

※ほのかに(特殊な)エロん含みます。多分…こ

  •  2
  •  -

37: 嫌われる覚悟はできたか 35

あんなの観て、ユノ大丈夫かなぁ?まぁ。一

  •  2
  •  -

36: 嫌われる覚悟はできたか 34

「なぁ。チャンミナぁ。あんなこと言って大

  •  0
  •  -

35: 嫌われる覚悟はできたか 33

「あら。お兄ちゃん。お友達?」母さんは満

  •  0
  •  -

34: 嫌われる覚悟はできたか 32

「僕んち泊まるって、家に連絡しておいてく

  •  6
  •  -

33: 嫌われる覚悟はできたか 31

※日曜の真昼間だっていうのに、ほのかに(?

  •  0
  •  -

32: 嫌われる覚悟はできたか 30

やっと現在進行系のみの展開!昨日まで読み

  •  0
  •  -

31: 嫌われる覚悟はできたか 七夕SS レナ

※七夕SSです。それも…例のレナさんのレナサ

  •  0
  •  -

30: 嫌われる覚悟はできたか 29

※今日はチャンミン後悔第3弾エピなのでユノ

  •  2
  •  -

29: 嫌われる覚悟はできたか 28

※チャンミンが後悔してた第2エピソードなの

  •  2
  •  -

28: 嫌われる覚悟はできたか 27

僕が抱きしめるとユノは嬉しそうに僕に寄り

  •  2
  •  -

27: 嫌われる覚悟はできたか 26

※ちょびっと(?)辛いです(>人<;)ユノごめ

  •  0
  •  -

26: 嫌われる覚悟はできたか 25

初めて来たチャンミナんちは、どデカくてび

  •  2
  •  -

25: 嫌われる覚悟はできたか 24

駅前マッグまで走る。どうしてあんなとこに

  •  0
  •  -

24: 嫌われる覚悟はできたか 23

※23話は飛ばして次からでも話わかります。

  •  0
  •  -

23: 嫌われる覚悟はできたか 22

面白いおもちゃをみつけた。バンビみたいな

  •  0
  •  -

22: 嫌われる覚悟はできたか 21

「なんだよ。チャンミナは帰ったの?」俺た

  •  4
  •  -

21: 嫌われる覚悟はできたか 20

大人びた集団がワラワラと入ってくる。ここ

  •  2
  •  -

20: 嫌われる覚悟はできたか 19

一瞬で空気が変わるやっぱ先輩達は違う。夏

  •  0
  •  -

19: 嫌われる覚悟はできたか 18

「あの2人、なんか入り込めない雰囲気かも

  •  0
  •  -

18: 嫌われる覚悟はできたか 17

これはデートのリハーサル…のはず隣に立つ

  •  2
  •  -

17: 嫌われる覚悟はできたか 16

「いってらっしゃ〜い。」スタッフのお姉さ

  •  4
  •  -

16: 嫌われる覚悟はできたか 15

コレって、バックハグされてる状態だよな?

  •  2
  •  -

15: 嫌われる覚悟はできたか 14

アメリカンドッグを頬張るユノは、壮絶エロ

  •  0
  •  -

14: 嫌われる覚悟はできたか 13

お腹は空いてるはずなのに、ドキドキしっぱ

  •  6
  •  -

13: 嫌われる覚悟はできたか 12

僕は頑張った。本当にいろんな意味で頑張っ

  •  4
  •  -

12: 嫌われる覚悟はできたか 11

グロッキーになっちゃった俺は、芝生に寝転

  •  0
  •  -

11: 嫌われる覚悟はできたか 10

ユラユラ揺れ、唇を尖らせながら、iPhoneを

  •  10
  •  -

10: 嫌われる覚悟はできたか 9

急にポチが走り出す。歳をとってきて、いつ

  •  2
  •  -

9: 嫌われる覚悟はできたか 8

「…はぁ……緊張半端ねぇ…。」はぁ。ダメ。や

  •  2
  •  -

8: 嫌われる覚悟はできたか 7

ユノが恋してる。青天の霹靂とはこういう事

  •  2
  •  -

7: 嫌われる覚悟はできたか 6

きっと凹んで沈み込んでるであろう親友の為

  •  2
  •  -

6: 嫌われる覚悟はできたか 5

「あんたっ!ふざけんな!」いきなりのチャ

  •  0
  •  -

5: 嫌われる覚悟はできたか 4

夏休みが目前に迫ると、みんな浮き足立つ。

  •  2
  •  -

4: 嫌われる覚悟はできたか 3

「なぁ。チャンミナのこと、しごきすぎじゃ

  •  0
  •  -

3: 嫌われる覚悟はできたか 2

みんなのユノヒョンみんな、ユノの隣に立ち

  •  2
  •  -

2: 嫌われる覚悟はできたか 1

​「今年の新入生代表挨拶した子っめっちゃ

  •  0
  •  -